ハートページナビは介護の総合情報サイトです

認知症の物盗られ妄想で疲弊。どう対応したらいいですか?【主任ケアマネが回答】

認知症の物盗られ妄想で疲弊。どう対応したらいいですか?【主任ケアマネが回答】認知症の物盗られ妄想で疲弊。どう対応したらいいですか?【主任ケアマネが回答】

hatonF

実際にあったお悩みに対して、主任ケアマネがアドバイスした事例を紹介するっポ! 今回は、母親の物盗られ妄想が酷くて、「通帳や財布を盗った」としつこく言われることに疲弊してしまったさとみさんのケースだよ。

papa_egao

大変な状況だね。認知症にはよくある症状みたいだから、介護をする人は苦労することも多いんじゃないかな。さとみさんの母親は少しずつ通帳や財布への執着が薄れて、親子の会話も増えたそうだね。

相談:母の物盗られ妄想にどう対応したらいいですか?

<さとみさん(仮名)62歳>
認知症で要介護1の認定を受けている85歳の母がいます。母は一人暮らしですが、身の回りのことはなんとかできているので、娘である私と妹がときどき様子を見に行く程度です。
買い物にも自分で行っていますが、最近では何度も同じものを買ってくるようになり、冷蔵庫の中には同じ食品がたくさんあります。加えて、少し前から財布などの大事なものをどこかにしまい込んでしまい、一日中物探しをするようになりました。

それだけならまだ良いのですが、私が財布や通帳を持ち出した、どこかに隠したなどと騒ぎ立て、私が行くとすごい剣幕で泥棒扱いをします。そんなことはしていないと何度も説明するのですが、まったく通じず理解してもらえません。

いままで母のために一生懸命やってきたつもりですが、こんな仕打ちを受けるなんて悲しいやら、情けないやら、これから自分はどのように母に接していけば良いのかと悩んでいます。
母一人で生活することはそろそろ限界なのかとも感じていますが、私も妹も母と同居することは難しいです。

ライター寺岡純子(主任介護支援専門員)
寺岡純子さん(主任介護支援専門員/看護師)からのアドバイス
自分でどこかにものをしまい込んだにもかかわらず、誰かに盗られたと思い込むことを「物盗られ妄想」と言い、認知症の症状として見られる頻度が高いものです。
物盗られ妄想が出現した場合、ご本人は本当にご家族のことを泥棒と思っているわけではなく、病気がそう言わせているのだと理解してあげることが必要です。
このケースでは、娘のさとみさんが「物盗られ妄想」のターゲットでした。さとみさんには、しばらく訪問を見合わせること、家族以外の人との交流の機会を持つことなどをアドバイスしました。

物盗られ妄想が起こるのはなぜ?

認知症の代表的な症状が物忘れです。人は誰でも、年を取ると多少の物忘れは出現します。
しかし、認知症の物忘れは単なる物忘れとは違い、起こった出来事自体を忘れてしまうので、約束をすっぽかしたり、食事をしたことを忘れてしまったりするのです。

物忘れが進行すると、大事なものをどこかにしまい込み、誰かに盗られたと思い込むことがあります。この「物盗られ妄想」は認知症の症状としてよく見られ、特に対応が難しいことのひとつです。
物取られ妄想は、認知症によって記憶力が低下することで、自分がしまっておいた場所を忘れてしまうことで起こります。「しまった場所を自分が忘れた」とは考えずに、「誰かに盗られた」と思い込んでしまうのです。

認知症になると、「自分は物忘れをしがちだ」と気付きながらも「認めたくない」という思いになります。その一方で、「また人に迷惑をかけてしまうのでは」という不安が根底にあると、他人のせいにしようとするのです。

また、自分でできないことが増えてくると、家族は良かれと思ってあれこれ伝えたり、助言をしたりします。そのことで「自分は子ども扱いされている」「自分がダメな人間ように扱われている」と感じ、被害妄想につながるのです。これは、自尊心を守るための防衛反応ともいえます。

物盗られ妄想は、一番身近にいて世話を焼いてくれる人、すなわち一番介護をしてくれる家族を犯人として考えてしまう傾向があります。
普段から一生懸命に介護をしているにもかかわらず泥棒扱いされるのは、どんな人でも気持ちが良いものではありません。
このようなことがきっかけで、家族間の折り合いが悪くなることも実際によく見られます。

物盗られ妄想の対応は「大事なものをすぐに探せる工夫をする」

物盗られ妄想の対応として、わたしはさとみさんに「置き場所を統一できるように工夫しましょう」とアドバイスしました。自分で置いた場所がわからなくなってしまう物盗られ妄想には有効だからです。

このケースでは、「財布はかばんの中」や「通帳は引き出しに入れる」などのメモを書いておいて、お母さまが置き場所を一定にできるようにしてもらいました。

しばらくは効果があり探し回る頻度は減りましたが、次第にメモ自体をどこかにやってしまい、以前と同様の状況になりました。
認知症は進行すると、文字の理解も難しくなってきます。書かれた文字の意味が分からなくなっているようだったため、わたしは本人に説明して理解してもらうことが難しくなってきたと判断しました。

そこで、どこにしまい込んだかがわかるようにキーホルダー型の紛失防止ブザーを購入し、財布と通帳に入れておく対策を提案しました。
紛失防止ブザーは親機のボタンを押せばブザーが鳴る仕組みになっています。これなら、さとみさんは音を手掛かりに、どこにあるのかをすぐに見つけることができます。

物盗られ妄想には、介護サービスの利用も有効

男性に介護サービスを進めるケアマネのイラスト
認知症の初期段階では、家族や周囲の人が様子を見たり、必要な部分のフォローをしたりすれば、それまで通りの生活を送ることができます。独居で生活を継続することも可能です。
しかし、物盗られ妄想の症状が出現したら、介護サービスの利用を検討する段階にきたと考えましょう。さとみさんにも、そう伝えました。

認知症は徐々に進行していき、症状の悪化とともに介護を必要とする範囲が増えるため、介護保険サービスの利用が不可欠となります。そのためにも、初期のうちに介護サービスに慣れてもらうようにします。

認知症が進行すると、新しいことに対して強い拒否が見られることがあり、必要な介護サービスが上手く導入できないということが起こり得ます。
特に、在宅での日常生活を支える訪問介護やデイサービス、ご家族の介護負担の軽減などにもつながるショートステイのサービスは早期から取り入れていくようにしましょう。

さとみさんの場合は、訪問介護を利用すれば、家族の訪問の頻度を減らすことができます。介護のプロであるヘルパーは物盗られ妄想や認知症の方への対応の知識もあり、安心してお任せすることができます。

介護サービスの利用で、財布や通帳への執着が和らいだ

さとみさんのお母さまにデイサービスをすすめたときには、少し拒否をされました。そのため、まずは体験で利用していただきましたが、デイサービスは楽しかったと。利用を開始することができました。

訪問介護のヘルパーが自宅を訪問することに対しては、お母さまの受け入れは良好でした。ヘルパーの訪問中にも、さとみさんに対しての物盗られ妄想はありましたが、ヘルパーが気をそらすような会話をしてくれたため、少しずつ財布や通帳への執着が薄れてきたようです。
また、しばらくの間、さとみさんの訪問を見合わすようにアドバイスしたことで、さとみさんに対する攻撃も和らぎました。

お母さまは、もともと話好きな方だったそうです。ですが、同じ話ばかりを繰り返されることや、また犯人扱いされるのではなどと思うと会話に消極的になってしまい、必要最低限になっていたのかもしれないと、さとみさんは振り返られていました。
改善する前の家族の対応は、本人にとっては満足がいくものではなかったのでは、と少し後悔もされていました。

家族以外との会話やデイサービスなどの外出は、周囲の人への気遣いも必要になります。自宅で過ごすこととは違い、程よい緊張感を持つことができます。
ひとりであれこれ考える時間をなるべく少なくすること、そして、まだまだ自分でできることがあると自覚できる機会を持つことは、認知症の進行を予防するだけでなく、物盗られ妄想の症状を緩和することにもつながります。

まとめ

認知症の症状と分かっていても、物盗られ妄想があること、ましてやその犯人にされるのはつらいものです。同じ場所にものを片付けてもらう工夫や、見つけやすくする工夫をすることで、物探しにかかる時間は削減できます。
認知症の介護は長期間にわたり、身体的にも精神的にも相当のストレスがかかるものです。日常生活上の工夫をするだけでなく、介護保険のサービスを利用することで、家族の負担を減らせるようにし、認知症の症状と上手に付き合っていくようにしましょう。

ライター寺岡純子(主任介護支援専門員)
著者:寺岡純子
主任介護支援専門員(主任ケアマネジャー)/看護師
病院勤務を経て介護保険制度の開始に伴い介護業界に転向。大手介護事業者の管理職を経て、医療と介護の幅広い知識と豊富な経験をもとに合同会社カサージュを設立。企業理念は『介護に携わるすべての人がHappyに』。

介護を学ぼう!

おすすめコンテンツ

  • img_sidebar
  • img_sidebar
  • img_sidebar