ハートページナビは介護の総合情報サイトです

認知症の夫が徘徊してしまうが、玄関に鍵をかける以外の対策をしたい【主任ケアマネが回答】

認知症の夫が徘徊してしまうが、玄関に鍵をかける以外の対策をしたい【主任ケアマネが回答】認知症の夫が徘徊してしまうが、玄関に鍵をかける以外の対策をしたい【主任ケアマネが回答】

hatonF

実際にあったお悩みに対して、主任ケアマネがアドバイスした事例を紹介するっポ! 今回は、認知症の夫が目を離したすきに出かけてしまうと悩む、ようこさんのケースだよ。

papa_egao

もしそのまま行方不明になったら大変だよ。ようこさんさんはアドバイスの結果、玄関にある工夫をして外出がわかるようになったんだ。

相談:認知症の夫が目を離したすきに外出してしまう。徘徊対策は施錠しかない?

<ようこさん(仮名)68歳>
認知症で要介護1の認定を受けている72歳の夫がいます。夫は認知症のため他人とのコミュニケーションではおかしな発言をしたりしますが、足はまだ達者で歩行に支障はありません。そのため、わたしが洗濯物を干しにベランダに行っている間などに、ひとりで玄関から出て行ってしまいます。
迷子になったり途中で事故にあったりしてはいけないと思い、気が付くとすぐに探しに行くのですが、かなり遠くまで行っていると見つけることができません。そんなときは家で待っていると、しばらくして帰ってくることもあります。

週1回デイサービスに行っていますが、デイサービスでもときどき「家に帰る」と言って玄関から出ていこうとすることがあると聞きました。デイサービスの玄関は利用者が開けられないように施錠されているので、外には出られないようです。

もし徘徊して迷子になってしまった場合、自宅の住所は言えないと思います。家に閉じ込めるようなことはしたくないのですが、自宅にも本人が開けられないような鍵を取り付けたほうが良いのではないかとも考えてしまいます。何か良い方法はないでしょうか。

ライター寺岡純子(主任介護支援専門員)
寺岡純子さん(主任介護支援専門員/看護師)からのアドバイス
認知症の方が、自宅の外に出たまま家に帰る道が分からず迷子になってしまうのはよくあることです。
ようこさんのケースでは、「夫の外出自体は止めたくない」という奥さまの意向もあり、旦那さまが玄関を出たとわかる工夫を提案しました。そうすることで奥さまも一緒に散歩をしたり、行動をうしろから見守ったりすることができました。
認知症の方の行動を尊重して無理に引き止めないことが、ケアをしていく上でとても大事です。

認知症のある方が出かけてしまう理由

認知症の方が家から出てしまうには、いくつかの理由が考えられます。

自宅に帰ろうとして
認知症で見られる見当識障害では、正しい認識をすることに支障をきたします。そのため、自分の家にいたとしても自宅と認識できず、「自分の家に帰ろう」と考えて玄関から出てしまうことがあります。
そのとき、以前住んでいた場所や子どもの頃に住んでいた場所が記憶のなかに描かれていると、外に出ても目的の風景を探そうとして、さまよい迷子になってしまうのです。

トイレなどを探そうとして
自宅のなかでも迷子になることがあります。例えば、トイレの場所が分からなくて玄関のドアをトイレと間違えて開けてしまい、そのままトイレを探すために外に出てしまったりするのです。

過去の習慣から
定年退職後も「仕事に行く」と言ったり、子どもが小さかった頃の自分に戻って「子どもを迎えに行かなければ」と思ったりしてしまうこともあります。現在の記憶の認識ができず、過去の習慣を再現しようとして外出してしまうのです。

自分の居場所を探して
家族の顔が分からなくなってくると、自宅に他人がいると感じるようになることがあります。このような状況では不安が強くなり、あれこれと言われたことに対して不満が募ります。そのような感情が抑えられなくなると、自分の居心地の良い場所を探そうとして外出につながるのです。

認知症の症状のひとつとして
前頭側頭型認知症は、前頭葉や側頭葉の神経細胞がダメージを受ける認知症です。このタイプの認知症の特徴として、同じことを繰り返すというものがあります。いつも同じ道を歩き続けたり、同じような動作を繰り返したりします。
また、抑制がきかなくなるため、その行動をするために鍵を壊す、暴力をふるってでも出かけようとするなどの行為が見られることもあるのです。

それに加えて、社会性の欠如が顕著になると、万引きをする、身だしなみに無頓着になるなどが起こります。そのため、外出時に迷子になるだけでなく他人とトラブルを起こしやすくなり、常に目を離せないタイプの認知症といえます。

「徘徊」という言葉はもう使わない?

こういった外出により行方不明になった認知症の方の数は、警視庁の発表によると2018年でおよそ1万7千人。この数を見ても、認知症の人が行方不明にならないための対策が必須であるとわかります。

ところで、認知症の方のこれらの行動は目的もなくうろうろと歩き回っているとされ、「徘徊」と呼ばれてきました。しかし、他人からはそのように見えても、本人には理由も目的もある行動なのです。

そのため、最近の福祉や医療現場では「徘徊」という言葉を使わずに、「一人歩き」や「外出」などの言葉に言い換えることも多くなっています。
また、福岡県大牟田市や鳥取県米子市、愛知県大府市、兵庫県川西市など、すでに「徘徊」という言葉の使用をやめている自治体もあり、このような自治体は増加傾向にあります。

「認知症の外出対策で施錠」は正しいわけではない

徘徊対策の施錠に戸惑うおじいさん

デイサービスや入居施設では、利用者の安全を守るためにナンバーロックなどで施錠して、自由な外出ができないようにしているところもしばしば見られます。しかし、このような対応は本人の思いに反するため、施錠することは決して好ましいとはいえません。

ようこさんの意向は、「夫を家に閉じ込めるようなことはしたくない」というものでした。これは本人の意思の尊重であり、認知症の人のケアとしてはとても良いことです。
これらのことから、現状を踏まえて安全に外出ができる方法を提案しました。

ようこさんは炊事や洗濯などの家事をする必要があるので、夫からひと時も目を離さないでいることは現実的ではありません。ですが、家事を終えて気が付くと夫がいないという状況があったため、玄関からの外出にいち早く気付ける方法をアドバイスしました。

まず、玄関のドアが開くと音が鳴るようにドアベルをつけました。大きな音はしなくても、台所やリビングで聞こえるようなドアベルです。
それから、玄関の上がり框の部分にセンサーを設置しました。センサーにはさまざまな種類がありますが、踏んで反応するマットタイプはコードレスでないものが多いため、人が前を通るとチャイムで知らせてくれるタイプを選びました。電源の確保やコードに引っかかる危険を考慮したためです。
音が鳴る受信機はベランダと寝室がある2階に設置し、洗濯物を干すときにも外出がわかるようにしました。

センサーは介護保険の福祉用具貸与(レンタル)の対象になっているものもあり、安価で利用できる場合もあります。

家族が外出に付き合ってみることも大事

認知症の症状は徐々に進行し、目が離せない状態になります。同居の家族としては、「家でじっとしていてくれれば助かるのに」と思うこともあるかもしれません。ですが、本人にとっては外に出る理由があるのです。
外出の妨害は本人の欲求を押さえつけ、ストレスを増大させてしまいます。

本人は実際に何を思ってどこに行きたいのか。家族には理解できないことも多いですが、昔話をしながら一緒に散歩すれば、その思いがわかる場合もあります。もしかしたら、本人がいま過去のどの時代にいるのかがわかるかもしれません。
また、うしろからそっとついて行けば、いつも通る経路や、どこに立ち寄っているのか、自宅の外ではどんな行動をしているのかを知ることもできます。
なるべく気持ちにゆとりを持って、時間が許す限り付き合ってあげられるようにしましょう。

認知症の人を迷子にしない!外出対策のポイント

通常の施錠はする
目を離したすきの外出対策として施錠が挙げられますが、これは本人が開けられない鍵をかけることを目的としているわけではありません。また、門扉も閉めておくようにしましょう。そうすることで、玄関から外へ出てしまうまでの時間稼ぎができます。
この時間を利用すれば、同居の家族は一緒に出かける準備ができます。

地域の人に協力をお願いする
立ち寄り先が把握できたら、地域の人に協力を仰ぐようにしましょう。特に立ち寄り先がお店だと、お金を払わずにトラブルになる可能性もあります。まずは事情を話し、そのような場合には家族が代わりに支払うなどと伝えておけば、本人の自尊心も傷つかず家族としても安心です。

持ち物に名前や連絡先を書いておく
認知症の人は、いつもは大丈夫でも突然迷子になってしまうリスクがあります。家族が付き添い安全に外出できるのが一番ですが、ひとりで出かけてしまうケースも想定しておきましょう。
このような場合に備えて、本人の顔写真を準備しておく、その日の服装を把握しておくなどをしましょう。服や持ち物には名前や連絡先などの情報をさりげなく書いておくことも、万一の際には大いに役立ちます。

自治体のサービスを利用する
そのほか、高齢の行方不明者が出たときに早期に発見できるような見守りネットワークの事業を行っている自治体もあります。自分の住んでいる自治体にそのようなサービスがあるかを確認して、申し込みをしておくようにしましょう。

心地良い居場所作りをする
自宅が本人にとって心地良い居場所になるような工夫も有効です。本人が楽しめる趣味を探す、できそうな作業を手伝ってもらう、一緒に買い物に行くなどを続けていると、ひとりで外出したいという気持ちがおさまることもあります。

認知症の人の外出対応に有効なグッズ

万一、認知症の方の行方が分からなくなってしまった場合に備えて、GPS端末をつけておく方法も有効です。携帯電話やスマートフォンを持ち歩く習慣がある人なら、携帯電話の会社と契約しておくと良いでしょう。

他にもGPS端末には、首にかけられるペンダントタイプや、財布やかばんに入れられるカード型、靴につけられるものなど、さまざまなタイプがあります。ご本人の行動パターンにあうタイプのGPS端末を選ぶようにすると良いでしょう。
どのようなものが合うかがわからない場合には、ケアマネジャーなどの専門家に相談するとアドバイスしてもらえます。

ようこさんの旦那さまは外出時に財布や携帯電話を持たなかったので、これらの持ち物で居場所を調べることは難しいと考えられました。そのため、上着のうしろに名前とケアマネの事業所を書いた布を縫い付けておくようにアドバイスしました。
本人の住所や電話番号などは、個人情報の観点から人目に付くところへの記載が好ましくありません。しかし、ケアマネの事務所名であれば、必要時には役所などで連絡先を簡単に調べることが可能です。

まとめ

幸い、ようこさんの旦那さまはひとりで出かけて迷子になることはありませんでした。ようこさん自身も前もって外出や迷子への対策を立てておいたことで安心感が増し、精神的にゆとりが持てるようになったようです。
認知症の方の外出には何かしらの理由があると理解することが大切です。無理な抑制はせず、本人も家族も安心した生活を送れるようにしていきましょう。

ライター寺岡純子(主任介護支援専門員)
著者:寺岡純子
主任介護支援専門員(主任ケアマネジャー)/看護師
病院勤務を経て介護保険制度の開始に伴い介護業界に転向。大手介護事業者の管理職を経て、医療と介護の幅広い知識と豊富な経験をもとに合同会社カサージュを設立。企業理念は『介護に携わるすべての人がHappyに』。

はーとん教室ピックアップ記事

【介護認定調査員が教える】介護認定前にサービスを利用する方法は?

【介護認定調査員が教える】介護認定前にサービスを利用する方法は?

記事を読む >

認知症の物盗られ妄想で疲弊。どう対応したらいいですか?【主任ケアマネが回答】

認知症の物盗られ妄想で疲弊。どう対応したらいいですか?【主任ケアマネが回答…

記事を読む >

認知症の親への接し方は?会うたびにケンカで辛いです【認知症介護のプロが回答】

認知症の親への接し方は?会うたびにケンカで辛いです【認知症介護のプロが回答…

記事を読む >

認知症の母親の介護認定。低い判定結果に納得できない【介護認定調査員が回答】

認知症の母親の介護認定。低い判定結果に納得できない【介護認定調査員が回答】

記事を読む >

車椅子の妻と夫婦2人で国内旅行はできますか?【主任ケアマネが回答】

車椅子の妻と夫婦2人で国内旅行はできますか?【主任ケアマネが回答】

記事を読む >

エスカレートする認知症の父の暴言や暴力。対応方法を知りたいです【認知症介護のプロが回答】

エスカレートする認知症の父の暴言や暴力。対応方法を知りたいです【認知症介護…

記事を読む >

要介護認定に有効期間や更新があるのはなぜ?【介護認定調査員が回答】

要介護認定に有効期間や更新があるのはなぜ?【介護認定調査員が回答】

記事を読む >

介護を学ぼう!

おすすめコンテンツ

  • img_sidebar
  • img_sidebar
  • img_sidebar