ハートページナビは介護の総合情報サイトです

介護職員の賃上げ、書類提出は来年2月から 交付は6月 基本給増などが要件

介護職員の賃上げ、書類提出は来年2月から 交付は6月 基本給増などが要件介護職員の賃上げ、書類提出は来年2月から 交付は6月 基本給増などが要件

厚労省

厚生労働省は24日、介護職員らの月額3%(9000円)ほどの賃上げを来年2月から実施するための新たな補助金について、詳しい支給ルール案を公表した。【Joint編集部】

名称は「介護職員処遇改善支援補助金」。自治体の準備に要する時間を考慮し、申請の受け付けは来年4月からの開始とした。補助金は来年6月から毎月分交付していく。

介護職員処遇改善支援補助金について

交付対象となるのは、既存の「処遇改善加算」の(I)から(III)を取得している施設・事業所。来年2月、3月から前倒しで賃上げを実行することが要件で、施設・事業所は実行時にその旨を伝える書類を送らなければいけない(申請は別途行う)。

また、補助額の3分の2以上を基本給、あるいは毎月決まって支払う手当ての増額に充てることも要件とされた。この要件が適用されるのは来年4月から。賃金規程の改正などに一定の時間を要することから、来年2月、3月に限り一時金のみの対応も認められる。

施設・事業所は4月からの申請に際し、月額の賃金改善額の総額などを記載した計画書を都道府県へ提出する。補助金は介護職員以外の多職種に配分することも可能。事後的な実績報告書の提出も求められ、問題が見つかれば補助金は返還となる。

厚労省はこうした支給ルールを近く通知する。補助金の対象期間は来年2月から9月で、10月以降は介護報酬改定で賃上げの効果を維持していく計画だ。

提供元:介護のニュースサイトJoint

この記事をシェアする

ハートページナビは、介護保険・介護サービス事業者情報誌「ハートページ」のWebサイトです。
ハートページ誌は、全国約70市区・約100万部を発行する業界最大級の介護情報誌。20年を超える歴史(2001年創刊)、カバーするエリアの広さ、発行部数、各自治体や連絡協議会と連携し制作された信頼性の高さで、介護に関わるみなさまより高い評価を得ています。
ハートページナビでは、介護情報を専門に扱うサイトとして、介護に関わる皆さまに必要な情報、役立つ情報などを掲載しています。
介護報酬改定・介護保険制度改正の最新情報
介護求人ナビへのリンク お問い合わせへのリンク

おすすめコンテンツ

介護求人ナビへのリンク お問い合わせへのリンク