ハートページナビは介護の総合情報サイトです

要介護認定、更新時の有効期間を最長4年に延長 厚労省 新年度から

介護のニュースサイトJoint
介護のニュースサイトJoint
要介護認定、更新時の有効期間を最長4年に延長 厚労省 新年度から要介護認定、更新時の有効期間を最長4年に延長 厚労省 新年度から

介護保険最新情報Vol.824

厚生労働省は2月26日、介護保険法の施行規則を新たに改正したと全国の自治体へ通知した。要介護認定の更新時の有効期間について、上限を4年に延長することを盛り込んでいる。【鈴木啓純】

手続きを簡素化して現場の負担を軽減する狙い。今年4月1日から適用する。

延長の対象となるのは、更新認定の2次判定で前回と同じ結果が出た高齢者。現行の有効期間の上限は36ヵ月。これが48ヵ月に変わる。

要介護認定の申請件数は高齢化で増加しており、認定にかかる日数も長期化してきた。申請件数は今後さらに膨らんでいく見通しで、遅滞なく認定を行える体制、仕組みの整備が大きな課題となっている。

厚労省は今回の通知を、介護保険最新情報のVol.924で現場の関係者にも広く周知した。

この記事をシェアする

介護報酬改定・介護保険制度改正の最新情報
介護求人ナビへのリンク お問い合わせへのリンク

おすすめコンテンツ

介護求人ナビへのリンク お問い合わせへのリンク