ハートページナビは介護の総合情報サイトです

七夕レクは幼稚になりがち?高齢者の満足度を上げる事例とアイデア

七夕レクは幼稚になりがち?高齢者の満足度を上げる事例とアイデア七夕レクは幼稚になりがち?高齢者の満足度を上げる事例とアイデア

*現在は新型コロナウイルスの影響で通常とは異なる対応が求められています。国や都道府県などからの指示・要請による感染予防を最優先としていただきますようお願いいたします。

はーとん

7月のレクリエーションといえば七夕。ちょっとした工夫で利用者の満足度が上がるから、デイサービスや介護施設のレクで実践してみてほしいっポ。

梅雨の影響で雨の日が多い7月は、気温の高さから熱中症の心配もあります。屋外でのレクリエーションは敬遠しがちになるため7月は屋内でのレクを企画しているというデイサービスや介護施設も多いのではないでしょうか。

レクリエーションの企画で大切なのは、準備が大変過ぎないこと、そして何よりもご利用者に満足してもらえるがどうかです。七夕レクはときに幼稚になりがちですが、実際に喜ばれた事例とアイデアをヒントに、ご利用者に満足してもらえるレクを考えてみてください。

7月の定番「七夕レク」は幼稚になりがち?

七夕といえば、願い事を書いた短冊を笹に飾る「笹飾り」のイメージが強く、デイサービスや介護施設でも7月は笹飾り作りのレクリエーションを行う施設が多くあります。
しかし、七夕の笹飾りは小さな子供や幼稚園などをイメージさせることもあるため、高齢者に幼稚だと嫌がられてしまう心配もあるかもしれません。

ですが実は、七夕の笹飾りを作る過程にはいろいろなリハビリの要素が含まれています。身体機能や認知症の症状に差があっても、ちょっとした工夫をすることで、リハビリをしながら幅広いご利用者に楽しんでいただけるのです。
ご利用者の拒否が心配だったある事例を紹介しましょう。

「達成感」が七夕レクを成功させた事例

今回紹介するのは、拒否の心配があったデイサービスの利用者が、七夕レクに前向きに取り組めた事例です。

あるデイサービスでの出来事です。そのデイサービスには、やよいさんという女性がいらっしゃいました。利用者の中でもボス的な存在のやよいさんは、スタッフが提案したレクリエーションを強く拒否されることがあり、予定していたレクができなくなったことが何度もありました。

スタッフは7月のレクリエーションで「七夕の短冊づくり」を検討していましたが、やよいさんに拒否されないかと心配です。もし「そんな幼稚なことしないわよ」と拒否されてしまえば、周囲の仲良くしているご利用者も同調しかねません。
どうすれば拒否されないだろうかと、スタッフは頭を悩ませていました。

そこで、伝え方を工夫してみることにしました。左手が少し不自由だったやよいさんに対しては、「短冊を結ぶこより作りや笹飾りの糊付けを、左手メインでやってみましょう」と提案。そのほかのご利用者にもそれぞれに課題を出して、短冊づくりは指先の巧緻性(こうちせい)向上のリハビリになることを伝えました。

ちなみにこより作りは、親指とほかの4本の指を順番に使ったり、こより方を逆にしたりすることで、難易度があがります。このような、簡単ではないけれども難しすぎず、時間をかければできそうな課題を設定しました。ご利用者が達成感を感じられることがポイントです。

簡単にできてしまう人には、数をたくさん作ってもらう、こより作りが困難な人をサポートしてもらうなどの役割を担ってもらい、七夕レクに皆が真剣に取り組める環境を作りました。

高齢になると、達成感や成功体験を得ることが少なくなります。利用者が成功体験を意識できるように、介護スタッフはその人を認めるような肯定的なことばを使うようにしました。
「できてますよ」「良いですね」などの相手を認めることばや「ありがとう」などの感謝は、高齢者にとっては魔法のことばになることもあるのです。
デイサービスでの成功体験がその後の生活に活かされることもあります。魔法のことばでその効果をさらに増強させることもポイントです。

これらのことを注意して行った七夕レク。ご利用者が書いた短冊には「リハビリを頑張って旅行に行けますように」「まだまだ何か人の役に立ちたい」などの前向きな願いが多く見られました。

七夕レクをもっと楽しむ!満足度を上げるアイデア

七夕のレクリエーションは、短冊づくりのほかにもクイズや連想ゲーム、折り紙、昔を回想する会話、夏らしい涼しげなメニューでの食事レクなどを取り入れることができます。

また、七夕会や納涼会などのイベント時には、ご利用者に浴衣に着替えてもらうのも風情があって良いものです。浴衣であれば帯結びが大きくならず、車椅子の高齢者でも十分に楽しめます。
着付けの手伝いをするボランティアが地域にいることもあるので、スタッフだけでは人手が足りないようなら、お手伝いしてもらうと良いでしょう。
ときには思いっきりおしゃれをしてレクリエーションやイベントを楽しめば、ご利用者の満足感が上がります。

レクリエーションの効果やメリットを明確にしよう

ご利用者に積極的にレクリエーションに取り組んでもらうためには、そのレクによって期待できる効果を説明するだけで変わります。
どのようなレクリエーションにも言えますが、単に「こんなレクをしますよ」だけではご利用者に楽しさやメリットが伝わりません。

今回の事例では、「機能訓練になる」というメリットを伝えたことで、やよいさんだけでなくデイサービスの皆さんが七夕レクに積極的に取り組み、盛り上がることができました。また、高齢者の「がんばればできる」「人の役に立てる」という意識を顕在化させることで、自信を取り戻せた事例ともいえます。

レクリエーションの企画は職員が主体となることが多くなりがちですが、ご利用者の意見を募りながら企画をすると、マンネリ化しがちなレクも違った視点からとらえることができます。
ご利用者の満足度を上げるために、ぜひさまざまなアイデアを取り入れてみてはいかがでしょうか。

レクリエーションの記事一覧はこちら
介護レクリエーションの記事一覧

この記事をシェアする

著者:寺岡 純子

著者の画像

著者:寺岡 純子

著者の画像

合同会社カサージュ代表
主任介護支援専門員(主任ケアマネジャー)、看護師、福祉住環境コーディネーター2級、終活カウンセラー1級
8年間の臨床看護を経て、介護保険の開始に伴い介護業界へ転向。全国展開する大手介護事業者で部長職としてさまざまな介護サービスの運営・人材育成を経験する。医療・介護の幅広い知識と経験を多くの介護事業者に届けたいとの思いから独立。現場・事業者・利用者の視点に立ち、介護に特化した研修や事業者・介護者のサポートを行っている。

介護報酬改定・介護保険制度改正の最新情報
介護求人ナビへのリンク お問い合わせへのリンク

おすすめコンテンツ

介護求人ナビへのリンク お問い合わせへのリンク