ハートページナビは介護の総合情報サイトです

ケアマネ試験の合格者、2年連続で1万人下回る 合格率は過去最大の上昇

ケアマネ試験の合格者、2年連続で1万人下回る 合格率は過去最大の上昇ケアマネ試験の合格者、2年連続で1万人下回る 合格率は過去最大の上昇

3月8日に実施された介護支援専門員実務研修受講試験の再試験の合格者が21日に発表された。これで昨年度の47都道府県の結果が全て出揃ったことになる。【Joint編集部】

都道府県からの報告を集計したところ、再試験の受験者数は1万540人、合格者数は2374人、合格率は22.5%だった(*)。

* 数字はいずれも速報値

昨年10月の分も含めた全国の受験者数は4万1049人、合格者数は8018人。合格率は19.5%となった。

ケアマネ試験 受験者数・合格者数・合格率の推移

今回、受験者数は一昨年度を更に下回って過去最少を更新している。一方、合格率が9.4ポイント増と過去最大の上昇を記録したため、合格者数は3028人の増加に転じた。

とはいえ、合格者数は依然として1万人を下回る低水準。2万8000人超だった2017年度の28.4%に留まっており、今後の人材難の深刻化を懸念する声が一段と強まりそうだ。

毎年秋に全国一斉に行われるケアマネ試験だが、昨年度は各地に大きな被害をもたらした台風19号と重なってしまった。このため、関東や東北などの1都12県が中止を決断。やむを得ず受けられなかった人がいた4県も加わり、17都県が3月8日に再試験を実施した。

ケアマネ試験をめぐっては一昨年度、受験者数が一気に6割以上も減って業界に衝撃が走った経緯がある。求められる役割や研修の量が増えて非常に忙しいこと、処遇がそれほど良くないことを要因としてあげる関係者が多い。

今回の結果は、ケアマネのなり手の急減が続いている現状を改めて浮き彫りにした。もっとも、台風19号の直撃や新型コロナウイルスの流行も一定の影響を与えたとみられる。次回の動向には改めて注目が集まりそうだ。

今年度の試験は10月11日の日曜日に行われる予定。

ニュース新着記事一覧

厚労省、障害福祉の就労継続支援事業所に最大50万円を支給 再起を支援

厚労省、障害福祉の就労継続支援事業所に最大50万円を支給 再起を支援

2020年5月29日NEW

記事を読む >

現場復帰する介護職への準備金、大幅拡充 厚労省 全国一律で最大40万円

現場復帰する介護職への準備金、大幅拡充 厚労省 全国一律で最大40万円

2020年5月28日NEW

記事を読む >

介護・福祉職員への給付金、全サービスの全職種が対象 厚労省方針

介護・福祉職員への給付金、全サービスの全職種が対象 厚労省方針

2020年5月27日

記事を読む >

介護職員への給付金、感染者がいなければ5万円 いれば20万円 厚労省案

介護職員への給付金、感染者がいなければ5万円 いれば20万円 厚労省案

2020年5月26日

記事を読む >

医療・介護職に最大20万円の慰労金を支給 首相が正式表明

医療・介護職に最大20万円の慰労金を支給 首相が正式表明

2020年5月25日

記事を読む >

介護の利用控え、心身機能低下が深刻 専門家「宣言解除後の重点課題」

介護の利用控え、心身機能低下が深刻 専門家「宣言解除後の重点課題」

2020年5月25日

記事を読む >

介護・福祉関連法案を可決 衆院厚労委 分野横断的な相談支援を展開へ

介護・福祉関連法案を可決 衆院厚労委 分野横断的な相談支援を展開へ

2020年5月24日

記事を読む >

おすすめコンテンツ

  • img_sidebar
  • img_sidebar
  • img_sidebar
  • 看護職・介護職の派遣紹介 メディカルキュービック

介護を学ぼう!