ハートページナビは介護の総合情報サイトです

病は気から!高齢者が一瞬で元気になったヘルパーの一言とは?【介護漫画】

病は気から!高齢者が一瞬で元気になったヘルパーの一言とは?【介護漫画】病は気から!高齢者が一瞬で元気になったヘルパーの一言とは?【介護漫画】

新型コロナワクチンの2回目接種は、若い人を中心に発熱などの副反応が心配されています。
そんな中、一人暮らしをする訪問介護の利用者さんも2回目接種を終えました。
心配しながらヘルパーが訪問すると、案の定……。

「ワクチン接種のせい?なんだか体がだるいの」

介護漫画/高齢者のワクチン2回目接種1

介護漫画/高齢者のワクチン2回目接種2

新型コロナウイルスのワクチン接種が進んでいます。高齢者にはほかの世代よりも早く接種券が来たため、すでに2回目のワクチン接種が終わったという方も多いのではないでしょうか。

高齢者のワクチン接種に先駆けて、当時はさまざまな情報が飛び交っていました。
その情報のひとつ、優先的に接種が進んだ医療・介護の業界にあった「2回目の接種後に発熱する」という噂。発熱する確率は若者の方が多いというものでした。

私が働く訪問介護の事業所でも正社員から順に接種が進んでいったのですが、1回目は肩がなんとなく痛いかなといった程度でも、2回目は接種した翌日に休む職員がたくさんいました。

発熱した職員たちは1日で解熱してすぐに復活したのですが、人手不足で現場はちょっと大変な空気に。

そんな中、当事業所からお掃除の訪問に入らせていただいている利用者さんが、2回目の接種を終えました。

お一人暮らしなのできっと心細く過ごされているではないか……と訪問すると、案の定いつもは出していない布団を敷きっぱなしにして、いつでも横になれるようにスタンバイ。

顔色もなんだか悪かったのですが、「2回目接種後は体調が悪くなる」といった情報を気にしている部分が多いようにも感じました。
「病は気から」と言うように、気持ちが落ち込むと本当に体調が悪くなることもあるんです。

そこで、「若い人ほど症状が出やすいんですよ」「お若いんですね」と声掛けをしてみました。
すると利用者さんは元気になって、「自分でもそう思ってたの」と大はしゃぎ。
あっという間にパジャマを脱いで着替え、訪問介護のサービス終了と同時に買い物へ。

ワクチンの接種でそれまでの生活が取り戻せるとは限りませんが、利用者さんやご家族の不安は解消できるかもしれません。

ワクチン関連の悪質なデマもありますが、正しい情報と知識を持って接種が進むといいですね。

この記事をシェアする

漫画・コラム:藤木 なみき

著者の画像

漫画・コラム:藤木 なみき

著者の画像

介護福祉士、福祉住環境コーディネーター2級、認知症介護実践者研修修了、介護予防運動指導員、ビューティータッチセラピスト
2003年より出産・育児をしながら介護職員として働く。訪問介護、デイサービス、デイケア、グループホーム、特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅など、これまで多数の居宅サービス、施設サービスを経験。現在はホームヘルパーとして働きながら、さまざまな職場での実体験をもとに介護関連のイラストや漫画を作成する。

ハートページナビは、介護保険・介護サービス事業者情報誌「ハートページ」のWebサイトです。
ハートページ誌は、全国約70市区・約100万部を発行する業界最大級の介護情報誌。20年を超える歴史(2001年創刊)、カバーするエリアの広さ、発行部数、各自治体や連絡協議会と連携し制作された信頼性の高さで、介護に関わるみなさまより高い評価を得ています。
ハートページナビでは、介護情報を専門に扱うサイトとして、介護に関わる皆さまに必要な情報、役立つ情報などを掲載しています。
介護報酬改定・介護保険制度改正の最新情報
介護求人ナビへのリンク お問い合わせへのリンク

おすすめコンテンツ

介護求人ナビへのリンク お問い合わせへのリンク