ハートページナビは介護の総合情報サイトです

「乾燥や消毒で手荒れがヒドイ!」介護士が実践したハンドケア方法とは?【漫画】

「乾燥や消毒で手荒れがヒドイ!」介護士が実践したハンドケア方法とは?【漫画】「乾燥や消毒で手荒れがヒドイ!」介護士が実践したハンドケア方法とは?【漫画】

手洗いに消毒、摩擦……介護職に手荒れはつきものかもしれません。
油断すると指先がボロボロになり、刺激にも弱くなってしまいます。
そんな介護士が実践した手荒れ対策とは?

冬は特に手荒れが辛い!

冬の手荒れ対策1/介護士漫画

冬の手荒れ対策2/介護士漫画

多くの介護職員は一年中手荒れに悩んでいますが、冬は乾燥も加わりけっこうヒドイことになってしまいます。
少しケアが遅れるとハンドクリームさえしみて辛いことに……。

乾燥も原因のひとつですが、それよりも頻回な手洗いや消毒、患者さんの服やシーツとの摩擦によるダメージが大きいのでしょう。
リネン交換のあとなどは指紋がなくなるほど指先がボロボロになります。

そんなときにとても便利なのが、皮膚を保護してくれるクリーム。見えないベールがあるように汚れや摩擦から皮膚を守ってくれます。
お湯で皮脂まで流されてしまう入浴介助の前などに塗るのもおすすめです。

仕事中にハンドクリームを塗っても、またすぐに手を洗うことになったり、患者さんの服についてしまったり……。
なので、仕事前にはハンドクリームを塗ってから皮膚保護クリームでカバー。昼休み後・夕方にも塗れば一日刺激から守ってくれます。

そして、寝る前にもしっかりケアを。
ハンドクリームを2~3回に分けてたっぷり塗り込み、さらにワセリンを塗り、手袋をします。
ワセリンで蓋をするイメージでしょうか。さらにハンドクリームが染み込んでいくような気がします。

手がヌルヌルだし手袋をしているのでスマホをいじれないのが玉に瑕……ですが、その分ゆっくり睡眠がとれて、もしかしたら手荒れにもいい効果が出ているかもしれませんね。

*ここで紹介した内容は個人の意見となりますので、ご了承ください。

この記事をシェアする

漫画・コラム:きやゆか

著者の画像

漫画・コラム:きやゆか

著者の画像

介護福祉士
精神科病院に勤務する介護士。看護補助として働く。自己研鑽の院内研修を終了し、その後介護福祉士を取得。勤続10年を迎えてベテラン域に入り、責任のある立場に押し上げられ新人指導にもあたるが苦戦する毎日。家では夫と2人の息子、犬の世話に追われ、合間にイラストや漫画を作成する毎日を送る。

ハートページナビは、介護保険・介護サービス事業者情報誌「ハートページ」のWebサイトです。
ハートページ誌は、全国約70市区・約100万部を発行する業界最大級の介護情報誌。20年を超える歴史(2001年創刊)、カバーするエリアの広さ、発行部数、各自治体や連絡協議会と連携し制作された信頼性の高さで、介護に関わるみなさまより高い評価を得ています。
ハートページナビでは、介護情報を専門に扱うサイトとして、介護に関わる皆さまに必要な情報、役立つ情報などを掲載しています。
介護報酬改定・介護保険制度改正の最新情報
介護求人ナビへのリンク お問い合わせへのリンク

おすすめコンテンツ

介護求人ナビへのリンク お問い合わせへのリンク