ハートページナビは介護の総合情報サイトです

75歳以上の医療保険料、上限額を年2万円引き上げへ 来年度から 厚労省

75歳以上の医療保険料、上限額を年2万円引き上げへ 来年度から 厚労省75歳以上の医療保険料、上限額を年2万円引き上げへ 来年度から 厚労省

社保審・医療保険部会 21日

厚生労働省は21日、75歳以上の高齢者が加入している後期高齢者医療制度について、保険料の上限額を年間で2万円引き上げる方針を固めた。

同日の社会保障審議会・医療保険部会に諮り、委員から大筋で了承を得た。高所得の人が対象で、来年度から見直す。

第121回社会保障審議会医療保険部会資料

後期高齢者医療制度の保険料は2年に1度のサイクルで改定される。現行の上限額は年間62万円。年金収入が年間886万円以上の人が対象だ。

今回の見直しでは上限額を年間64万円とする。対象は加入者全体の1.29%にあたる、年金収入が910万円以上の人。引き上げは2018年度の5万円増に続いて2回連続となる。

見直しの狙いは、高所得層に一定の負担増を求めることで中間所得層の保険料の伸びを抑えることにある。

厚労省の試算によれば、平均的な年金収入とされる341万円の人の保険料は今年度、年間20万9000円。現行のままでは、給付費の膨張などによって来年度から21万5000円となる見通しだが、今回の見直しによって21万4000円に抑えられるという。

ニュース新着記事一覧

【新型コロナ】東京で感染者が再び増加 介護現場の綱渡り、終わり見えず

【新型コロナ】東京で感染者が再び増加 介護現場の綱渡り、終わり見えず

2020年7月3日NEW

記事を読む >

高額介護サービス費の年間上限額、今月いっぱいで廃止へ

高額介護サービス費の年間上限額、今月いっぱいで廃止へ

2020年7月2日NEW

記事を読む >

感染者の発生時、職員どう確保? 早めの備えを 厚労省が呼びかけ

感染者の発生時、職員どう確保? 早めの備えを 厚労省が呼びかけ

2020年7月2日NEW

記事を読む >

介護報酬の“コロナ特例”、当面は存続へ 事態収束のめど立たず

介護報酬の“コロナ特例”、当面は存続へ 事態収束のめど立たず

2020年7月1日

記事を読む >

老施協、特養などに見舞金を支給 新型コロナ対応で異例の救援事業

老施協、特養などに見舞金を支給 新型コロナ対応で異例の救援事業

2020年6月25日

記事を読む >

厚労省、介護現場の感染防止策の追加経費を助成 全サービスが対象

厚労省、介護現場の感染防止策の追加経費を助成 全サービスが対象

2020年6月22日

記事を読む >

介護・福祉職への給付金、申請受け付け開始は7月から

介護・福祉職への給付金、申請受け付け開始は7月から

2020年6月19日

記事を読む >

おすすめコンテンツ

  • img_sidebar
  • img_sidebar
  • img_sidebar
  • 看護職・介護職の派遣紹介 メディカルキュービック

介護を学ぼう!