ハートページナビは介護の総合情報サイトです

【新型コロナ】通所系介護サービス、全国858事業所が休業 厚労省調査

【新型コロナ】通所系介護サービス、全国858事業所が休業 厚労省調査【新型コロナ】通所系介護サービス、全国858事業所が休業 厚労省調査

新型コロナウイルスの流行を受けて休業している介護サービス事業所は、全国にどれくらいあるのか? 厚生労働省が24日に最新の調査結果を公表した。【青木太志】

今月20日時点の報告をまとめたところ、通所・短期入所系で858ヵ所、訪問系で51ヵ所が休業していたという。

前回調査の今月13日時点(*)と比べ、通所・短期入所系は1.7倍、訪問系は2.3倍に増加した。緊急事態宣言の対象地域が47都道府県に広がったこと、感染の拡大が依然として続いていることなどが要因とみられる。

* 今月13日時点の休業は、通所・短期入所系が503ヵ所、訪問系が22ヵ所だった。

今後、事態が収束に向かわなければ更に深刻化する可能性が高い。利用者の生活、心身の健康をどう守っていくかが大きな課題。事業所の経営を下支えし、介護サービスの基盤を弱体化させないことも求められている。

休業状況調査結果

この調査は全国の自治体から寄せられた報告を集計したもの。通所・短期入所系と訪問系、それぞれのサービスの詳しい内訳を厚労省は把握できていない。「市町村などの事務負担を考慮し、今は詳細な報告まで要請していない(担当者)」という。

休業の理由をみると、通所・短期入所系の98.3%(843ヵ所)は感染防止のための自主的な休業だった。訪問系も96.1%(49ヵ所)が同じ理由。「人手不足となったため」は、通所・短期入所系で13ヵ所、訪問系で2ヵ所だった。

通所・短期入所系の休業を都道府県ごとにみると、最多は東京都の121ヵ所。以下、大阪府が72ヵ所、神奈川県が69ヵ所、千葉県が60ヵ所、埼玉県が54ヵ所と続く。訪問系も同様に首都圏や都市部で多い傾向にあった。
 

ニュース新着記事一覧

厚労省、障害福祉の就労継続支援事業所に最大50万円を支給 再起を支援

厚労省、障害福祉の就労継続支援事業所に最大50万円を支給 再起を支援

2020年5月29日NEW

記事を読む >

現場復帰する介護職への準備金、大幅拡充 厚労省 全国一律で最大40万円

現場復帰する介護職への準備金、大幅拡充 厚労省 全国一律で最大40万円

2020年5月28日NEW

記事を読む >

介護・福祉職員への給付金、全サービスの全職種が対象 厚労省方針

介護・福祉職員への給付金、全サービスの全職種が対象 厚労省方針

2020年5月27日

記事を読む >

介護職員への給付金、感染者がいなければ5万円 いれば20万円 厚労省案

介護職員への給付金、感染者がいなければ5万円 いれば20万円 厚労省案

2020年5月26日

記事を読む >

医療・介護職に最大20万円の慰労金を支給 首相が正式表明

医療・介護職に最大20万円の慰労金を支給 首相が正式表明

2020年5月25日

記事を読む >

介護の利用控え、心身機能低下が深刻 専門家「宣言解除後の重点課題」

介護の利用控え、心身機能低下が深刻 専門家「宣言解除後の重点課題」

2020年5月25日

記事を読む >

介護・福祉関連法案を可決 衆院厚労委 分野横断的な相談支援を展開へ

介護・福祉関連法案を可決 衆院厚労委 分野横断的な相談支援を展開へ

2020年5月24日

記事を読む >

おすすめコンテンツ

  • img_sidebar
  • img_sidebar
  • img_sidebar
  • 看護職・介護職の派遣紹介 メディカルキュービック

介護を学ぼう!