ハートページナビは介護の総合情報サイトです

お隣さんの恋心は認知症による勘違い!?高齢者の不思議な隣人関係【介護漫画】

お隣さんの恋心は認知症による勘違い!?高齢者の不思議な隣人関係【介護漫画】お隣さんの恋心は認知症による勘違い!?高齢者の不思議な隣人関係【介護漫画】

恋愛感情は若い人だけのものではありません。高齢者にも少なからず恋心があるようです。
いつものようにスタッフがデイサービスの送迎に行くと、旅行にでも行くのかと思うほどの大荷物を持った利用者さん。不思議に思うスタッフの前に現れたのは……。

妻…ではなくお隣さん?

介護漫画/認知症高齢者の恋愛事情1

介護漫画/認知症高齢者の恋愛事情2

自分のお父さんやお母さんが、パートナーが亡くなった後に知らない異性と仲良くしていると、「うわ、なんか気持ち悪い」という気持ちになるご家族が多いようです。あなたはどうですか?

実は、高齢になったからといって恋する気持ちやモテたい気持ちがなくなるわけではなく、むしろ互いの年齢や世代を超えてまで恋愛感情(もしくはそれに似た思い)を抱くようになるんです。
もちろんそれはウィズコロナの生活の中でも静かに芽生えていました。

勝田さんは80代男性。奥様を早くに亡くされ、長い一人暮らし生活を送っていました。年とともに関節痛が増して、お風呂に入る際に足が上がらなくなってしまったためデイサービスを利用されるように。

勝田さんにはひと世代上のお隣さんがいます。そのお隣の女性とは、勝田さんの奥様がまだご存命のころから家族ぐるみで仲が良かったそうです。

ある日送迎車で勝田さんを迎えに行くと、いつもの倍ぐらいの荷物を持って勝田さんが立っています。家出かと思うほどどっさり用意された荷物だったので勝田さんにお話を伺うと、「となりのばあさんがワシに持たせてきた」とのこと。

仲がいいとは聞いていたから、足が悪い勝田さんのためにお隣さんがデイの準備をしたのかな…それにしても多いなぁ…などと考えていると、お隣さんが慌てて玄関から出てきて言いました。「やっぱりこっちのマスクにしたら⁉」手には不織布のマスクがあり、勝田さんは少々げんなり。

デイサービスに着いてからその荷物を開けると、中から消毒スプレー、消毒ジェル、空間除菌スプレー、フェイスガード、マスクスプレーなどなど…あらゆる対コロナグッズがどっさり。勝田さんは職員に話してくれました。
「隣のばあさんは昔から面倒見のいいひとだったが、旦那が死んでからたまにボケたようになる」「ワシを夫と勘違いしているよう」と。どうやら認知症の症状が影響しているようでした。

そういえばお隣の女性が勝田さんに寄り添う様子は、夫婦のそれと似た雰囲気がありました。お隣さんの優しさや世話好きさにも心温まりましたが、その厚意を無下にせず受け入れている勝田さんの優しさにも感動したエピソードでした。

この記事をシェアする

漫画・コラム:藤木 なみき

著者の画像

漫画・コラム:藤木 なみき

著者の画像

介護福祉士、福祉住環境コーディネーター2級、認知症介護実践者研修修了、介護予防運動指導員、ビューティータッチセラピスト
2003年より出産・育児をしながら介護職員として働く。訪問介護、デイサービス、デイケア、グループホーム、特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅など、これまで多数の居宅サービス、施設サービスを経験。現在はホームヘルパーとして働きながら、さまざまな職場での実体験をもとに介護関連のイラストや漫画を作成する。

ハートページナビは、介護保険・介護サービス事業者情報誌「ハートページ」のWebサイトです。
ハートページ誌は、全国約70市区・約100万部を発行する業界最大級の介護情報誌。20年を超える歴史(2001年創刊)、カバーするエリアの広さ、発行部数、各自治体や連絡協議会と連携し制作された信頼性の高さで、介護に関わるみなさまより高い評価を得ています。
ハートページナビでは、介護情報を専門に扱うサイトとして、介護に関わる皆さまに必要な情報、役立つ情報などを掲載しています。
介護報酬改定・介護保険制度改正の最新情報
介護求人ナビへのリンク お問い合わせへのリンク

おすすめコンテンツ

介護求人ナビへのリンク お問い合わせへのリンク