ハートページナビは介護の総合情報サイトです

幻覚?それとも…介護士の背筋も凍る!患者さんの怖い一言【漫画】

幻覚?それとも…介護士の背筋も凍る!患者さんの怖い一言【漫画】幻覚?それとも…介護士の背筋も凍る!患者さんの怖い一言【漫画】

統合失調症の方は、幻聴や幻覚に悩まされていることがあります。
そんな言動に慣れているはずの精神科病院の介護士も、患者さんの一言に「もしかして本当……?」と不安になることが……。

「今日はあの子いないの?」

患者さんのコワイ幻覚1/介護士漫画

患者さんのコワイ幻覚2/介護士漫画

統合失調症の患者さんは、幻聴・幻覚などの症状に悩まされていることがあります。
ある程度の自覚がある方もいれば、まったくない方もいらっしゃいます。

自覚がある方からは、「幻聴でこんなことを言われるんだけど……」と相談されることも。

例えば「あの人を殴れ」とか、「それを壊しちゃえ」とか、自分ではやりたくないけれど幻聴の言うことを聞かないといけない気になるそうです。

周りの人が化け物のように見えたり、大事な物が落ちているのに拾えなかったり、自分を殺しにくる人を見てしまう方もいます。

看護師・介護士は患者さんのそんな症状に慣れていますが、本当に幻覚なのか不安になることも……。

ふとしたときに、じーっと私を見つめてくる患者さんにどうしたのか尋ねると、「今日は、いつもおんぶしてる子はいないの?」……と。

もしかして幼くして亡くなった祖先の霊……?と、ドキッとしてしまいました。
きっと幻覚だろうと思いましたが、「本当に見えないものを見ることができるのかも。それなら守護霊?悪霊?」と不安になった出来事でした。

幻聴・幻覚といっても、本人には実際に聞こえて見えているんです。
当人はどれだけ怖いのだろうかとよく同僚とも話しますが、私たちの見ている世界はどこまで本当なのだろうと、考えさせられてしまいます。

幻聴・幻覚には、否定も肯定もせず対応するのがセオリーです。患者さんにとっては紛れもない現実なのですから。

この記事をシェアする

漫画・コラム:きやゆか

著者の画像

漫画・コラム:きやゆか

著者の画像

介護福祉士
精神科病院に勤務する介護士。看護補助として働く。自己研鑽の院内研修を終了し、その後介護福祉士を取得。勤続10年を迎えてベテラン域に入り、責任のある立場に押し上げられ新人指導にもあたるが苦戦する毎日。家では夫と2人の息子、犬の世話に追われ、合間にイラストや漫画を作成する毎日を送る。

ハートページナビは、介護保険・介護サービス事業者情報誌「ハートページ」のWebサイトです。
ハートページ誌は、全国約70市区・約100万部を発行する業界最大級の介護情報誌。20年を超える歴史(2001年創刊)、カバーするエリアの広さ、発行部数、各自治体や連絡協議会と連携し制作された信頼性の高さで、介護に関わるみなさまより高い評価を得ています。
ハートページナビでは、介護情報を専門に扱うサイトとして、介護に関わる皆さまに必要な情報、役立つ情報などを掲載しています。
介護報酬改定・介護保険制度改正の最新情報
介護求人ナビへのリンク お問い合わせへのリンク

おすすめコンテンツ

介護求人ナビへのリンク お問い合わせへのリンク