ハートページナビは介護の総合情報サイトです

介護職の便利アイテム?現場で役立つクリアファイルの意外な使い道【漫画】

介護職の便利アイテム?現場で役立つクリアファイルの意外な使い道【漫画】介護職の便利アイテム?現場で役立つクリアファイルの意外な使い道【漫画】

ボールペンやメモ帳、ビニール手袋など、介護職に欠かせない必需品。七つ道具(七つでない場合も……)を持ち歩いて仕事に挑む人も少なくないようです。
ある介護士が生み出したのは、クリアファイルをちょこっと加工した便利アイテムでした。

クリアファイルは介護現場で役立つ?

クリアファイルの便利な用途1/介護士漫画

クリアファイルの便利な用途2/介護士漫画

介護職に(……というか私に)とって、クリアファイルの端っこは意外と使える便利アイテムです。

作り方は簡単で、くたびれてきたクリアファイルのつなぎ目の方を切るだけ。
もうちょっと強度が欲しければ、下側の接着面でもいいかもです。

私の働く病院のトイレは、昔ながらの(?)くるくる回る金具をひっかける鍵。しっかり外さないでドアを閉めると、人がいないのに施錠されて開かない状態になってしまいます。

レンチを持ってくれば開けられるのですが、頻繁に閉まってしまうし待たせると患者さんが焦ってしまいます。
クリアファイルの端っこを持ち歩いていると、そんなときにさっと取り出せて大活躍!

それに、紙を切る道具としてもおすすめです。
さすがに仕事用の書類には使いませんが、メモ用紙を作るときなどに便利です。手で裂いたり、カッターを使って曲がってしまったりするよりは、かなりきれいに切れます。

手先の運動を兼ねて患者さんにやってもらっても、なかなか楽しんでくれます。
手を切る心配もなく安心ですしね。

メモリを入れておくと更に便利です。
介護士は日常的に患者さんに接することが看護師よりも多く、服の下の痣や傷を発見することもしばしば。メモリで傷の大きさをさっと測って看護師に報告できます。

体のカーブに沿って測りやすいのも、クリアファイルの便利なポイントです。

もともとは、捨てるのはもったいないなぁとトイレの鍵を開けるのに使い始めたクリアファイル。他の職員と「これにも使えそうじゃない?」「私はこうしてるよ」と進化してきました。
    
一石三鳥のこの便利アイテムは、これからもまだ進化するかもしれません。

この記事をシェアする

漫画・コラム:きやゆか

著者の画像

漫画・コラム:きやゆか

著者の画像

介護福祉士
精神科病院に勤務する介護士。看護補助として働く。自己研鑽の院内研修を終了し、その後介護福祉士を取得。勤続10年を迎えてベテラン域に入り、責任のある立場に押し上げられ新人指導にもあたるが苦戦する毎日。家では夫と2人の息子、犬の世話に追われ、合間にイラストや漫画を作成する毎日を送る。

ハートページナビは、介護保険・介護サービス事業者情報誌「ハートページ」のWebサイトです。
ハートページ誌は、全国約70市区・約100万部を発行する業界最大級の介護情報誌。20年を超える歴史(2001年創刊)、カバーするエリアの広さ、発行部数、各自治体や連絡協議会と連携し制作された信頼性の高さで、介護に関わるみなさまより高い評価を得ています。
ハートページナビでは、介護情報を専門に扱うサイトとして、介護に関わる皆さまに必要な情報、役立つ情報などを掲載しています。
介護報酬改定・介護保険制度改正の最新情報
介護求人ナビへのリンク お問い合わせへのリンク

おすすめコンテンツ

介護求人ナビへのリンク お問い合わせへのリンク