ハートページナビは介護の総合情報サイトです

認知症で化粧ができなくても!家族・本人の願いを叶える介護美容とは?【介護漫画】

認知症で化粧ができなくても!家族・本人の願いを叶える介護美容とは?【介護漫画】認知症で化粧ができなくても!家族・本人の願いを叶える介護美容とは?【介護漫画】

「妻(母)は毎日メイクをしている人だったが、認知症でできなくなってしまった。昔のようにキレイにしてあげたい」。
そんな思いを抱える家族は少なくないようです。
今回は訪問介護ではなく、介護美容のお話です!

「妻をキレイにしてあげたい!」

介護漫画/介護美容で妻をキレイにしてあげたい1

介護漫画/介護美容で妻をキレイにしてあげたい2

本格的に寒くなってきました。皆さん体調を崩されていませんでしょうか?
コロナの新規感染者数は落ち着きましたが、体を冷やして風邪をひいたりしませんよう、お気をつけくださいね。

さて、話は変わって……。
私は訪問介護のお仕事の傍ら、副業で介護美容員をやっています。自分が所属する訪問介護事業所とは一切関係なく、民間のものですが資格を持って活動中です。

「メイクをしに来てほしい」「フットアロマセラピーをしてほしい」などのご連絡があれば、有償で訪問させていただいています。

施設からの依頼でハンドセラピーやフットセラピーを行うこともありますが、在宅の高齢者の方が多いでしょうか。
基本的にお申込みいただくのは介護を要する方ではなく、そのご家族やご親族。最近あった依頼は、老老介護で妻を介護している高齢男性からでした。

「以前の妻は出掛けるときに必ず化粧をしていたが、認知症でできなくなった。デイサービスに行く前だけでもきれいにしてあげたいので来てほしい」。
そういったご依頼内容でした。

施術が始まると奥さまは背筋をスッと伸ばされ、ジッと鏡に集中。
施術の際は必ずご依頼主に立ち会っていただきますが、ご主人からは「ちょっと暴れるかもしれない」と。ですが、施術は問題なく最後まででき、奥さまは笑顔でデイサービスに行かれました。

実はこういったご依頼は結構多く、同居している娘さんや息子さんからもよく同じようなご依頼があります。
認知症になって化粧の手順を忘れてしまったお母さん・妻のために来てほしいと。

男性など、お化粧の道具の使い方すらわからないのでメイクしてあげられなくて当然ですよね。
娘さんからは「私だと嫌がって抵抗するんです」など、ご家庭ごとの理由があるようです。

でもご家族の皆さんからは、「認知症でも昔のようにキレイでいてほしい。キレイでいさせてあげたい」といった思いやりを感じます。
そのお気持ちに触れ、施術したこちらの方が何だか癒されてしまうのでした。

この記事をシェアする

漫画・コラム:藤木 なみき

著者の画像

漫画・コラム:藤木 なみき

著者の画像

介護福祉士、福祉住環境コーディネーター2級、認知症介護実践者研修修了、介護予防運動指導員、ビューティータッチセラピスト
2003年より出産・育児をしながら介護職員として働く。訪問介護、デイサービス、デイケア、グループホーム、特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅など、これまで多数の居宅サービス、施設サービスを経験。現在はホームヘルパーとして働きながら、さまざまな職場での実体験をもとに介護関連のイラストや漫画を作成する。

ハートページナビは、介護保険・介護サービス事業者情報誌「ハートページ」のWebサイトです。
ハートページ誌は、全国約70市区・約100万部を発行する業界最大級の介護情報誌。20年を超える歴史(2001年創刊)、カバーするエリアの広さ、発行部数、各自治体や連絡協議会と連携し制作された信頼性の高さで、介護に関わるみなさまより高い評価を得ています。
ハートページナビでは、介護情報を専門に扱うサイトとして、介護に関わる皆さまに必要な情報、役立つ情報などを掲載しています。
介護報酬改定・介護保険制度改正の最新情報
介護求人ナビへのリンク

おすすめコンテンツ

介護求人ナビへのリンク