ハートページナビは介護の総合情報サイトです

【新型コロナ】高齢者は風邪の症状があれば相談を 厚労省 介護の目安も改訂

【新型コロナ】高齢者は風邪の症状があれば相談を 厚労省 介護の目安も改訂【新型コロナ】高齢者は風邪の症状があれば相談を 厚労省 介護の目安も改訂

介護保険最新情報Vol.832

新型コロナウイルスへの感染を心配する人が保健所などに相談する目安を改訂した厚生労働省は、その内容を介護現場に知らせる通知を11日に発出した。【Joint編集部】

施設・事業所は今後、新しい目安にのっとって判断をして欲しいという。介護保険最新情報のVol.832で理解と協力を求めている。

厚労省が8日に公表した改訂後の「相談・受診の目安」は以下の通り。

○ 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱などの強い症状のいずれかがある

○ 重症化しやすい人(*)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある

* 重症化しやすい人=高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患などの基礎疾患がある人、透析を受けている人、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている人

○ 重症化しやすい人以外で、発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く

厚労省はこれまで、高齢者なら「37.5度以上の発熱が2日以上続く」、介護職員なら「37.5度以上の発熱が4日以上続く」を目安としていた。

今回、「37.5度以上」や「2日以上」といった具体的な数字を削除。軽症者にも広く相談するよう促した格好で、高齢者の場合は軽い風邪の症状があれば相談するよう呼びかけた。

従前の目安をめぐっては、早期のPCR検査の実施や医療機関への受診を阻害する要因の1つになっている、との声が専門家などからあがっていた。加藤勝信厚労相は12日の閣議後会見で、「十分な相談体制、検査体制、医療提供体制を確保する取り組みに更に力を入れる」と約束した。

厚労省は新たな目安で、高齢者など重症化しやすい人以外について、風邪の症状が4日以上続く場合は“必ず”相談するよう要請。「症状には個人差があるので、強い症状だと思う場合にはすぐに相談を」とも呼びかけた。

ニュース新着記事一覧

厚労省、障害福祉の就労継続支援事業所に最大50万円を支給 再起を支援

厚労省、障害福祉の就労継続支援事業所に最大50万円を支給 再起を支援

2020年5月29日NEW

記事を読む >

現場復帰する介護職への準備金、大幅拡充 厚労省 全国一律で最大40万円

現場復帰する介護職への準備金、大幅拡充 厚労省 全国一律で最大40万円

2020年5月28日NEW

記事を読む >

介護・福祉職員への給付金、全サービスの全職種が対象 厚労省方針

介護・福祉職員への給付金、全サービスの全職種が対象 厚労省方針

2020年5月27日

記事を読む >

介護職員への給付金、感染者がいなければ5万円 いれば20万円 厚労省案

介護職員への給付金、感染者がいなければ5万円 いれば20万円 厚労省案

2020年5月26日

記事を読む >

医療・介護職に最大20万円の慰労金を支給 首相が正式表明

医療・介護職に最大20万円の慰労金を支給 首相が正式表明

2020年5月25日

記事を読む >

介護の利用控え、心身機能低下が深刻 専門家「宣言解除後の重点課題」

介護の利用控え、心身機能低下が深刻 専門家「宣言解除後の重点課題」

2020年5月25日

記事を読む >

介護・福祉関連法案を可決 衆院厚労委 分野横断的な相談支援を展開へ

介護・福祉関連法案を可決 衆院厚労委 分野横断的な相談支援を展開へ

2020年5月24日

記事を読む >

おすすめコンテンツ

  • img_sidebar
  • img_sidebar
  • img_sidebar
  • 看護職・介護職の派遣紹介 メディカルキュービック

介護を学ぼう!