ハートページナビは介護の総合情報サイトです

盲ろう者の介護サービス、外部支援者の活用も可能 厚労省 通知で解釈明確化

盲ろう者の介護サービス、外部支援者の活用も可能 厚労省 通知で解釈明確化盲ろう者の介護サービス、外部支援者の活用も可能 厚労省 通知で解釈明確化

介護保険最新情報Vol.874

視覚と聴覚の障害を併せ持つ盲ろう者がサービスを利用する場合は、外部の支援者を招いて体制の強化を図ることも可能 − 。厚生労働省は23日、全国の介護施設・事業所にそう呼びかける通知を発出した。【Joint編集部】

光と音が失われた状態にある盲ろう者の生活を支えるうえでは、専門性の高い特別なコミュニケーション技術が大きな力になる。ただ現行の運営基準では、外部の支援者にコミットしてもらって良いのか否か分かりにくい。基本的にその介護施設・事業所の職員がサービスの提供を担わなければいけない、と規定されているためだ。

厚労省は今回の通知で、障害者総合支援法に基づく「通訳・介助員派遣事業」を使うことができると改めて説明。適切に外部の支援者を受け入れる方法がある、という解釈を明確に示した。

介護施設・事業所へこうしたアナウンスを行うのは初めて。担当者は「関係者から要望を受けて対応した」と話す。介護保険最新情報のVol.874で広く周知している。

障害福祉の「通訳・介助員派遣事業」は、地域生活支援事業の一環で都道府県や指定都市、中核市が運営しているもの。盲ろう者のコミュニケーションや移動をサポートするために、例えば触手話や指点字、指文字などのスキルを持つ支援者を送り込む仕組みだ。

費用は国と自治体が半分ずつ出し合う。自治体の方針や支援内容などによって異なるが、介護施設・事業所や利用者には負担を求めないケースが多い。昨年度の調査結果では、全国に1161人の利用登録者がいると報告されている。

厚労省は通知で、外部の支援者を受け入れる場合は十分に連携をとるよう介護施設・事業所に要請した。あわせて、盲ろう者と関係のないサービスを支援者に幅広く任せるようなことがあってはならない、とくぎを刺している。

注目記事

介護福祉士の養成校、外国人留学生の入学が過去最多に 日本人は最少

介護福祉士の養成校、外国人留学生の入学が過去最多に 日本人は最少

2020年10月15日

記事を読む >

介護施設の面会や外出、制限を緩和 厚労省「感染防止と生きがいのバランスを」

介護施設の面会や外出、制限を緩和 厚労省「感染防止と生きがいのバランスを」

2020年10月14日

記事を読む >

介護保険の自己負担、利用者の金融資産も反映すべき 財務省が提言

介護保険の自己負担、利用者の金融資産も反映すべき 財務省が提言

2020年10月9日

記事を読む >

災害時、避難と福祉を連結 政府、介護施設の対策強化を検討 防災リーダー育成も

災害時、避難と福祉を連結 政府、介護施設の対策強化を検討 防災リーダー育成…

2020年10月8日

記事を読む >

デジタル規制改革、介護も対象 押印の効率化やWeb会議の活用など焦点

デジタル規制改革、介護も対象 押印の効率化やWeb会議の活用など焦点

2020年10月7日

記事を読む >

厚労省、介護福祉士を目指す高校生の学費を支援 3年働けば返済免除

厚労省、介護福祉士を目指す高校生の学費を支援 3年働けば返済免除

2020年10月5日

記事を読む >

厚労省、介護職向け「感染対策の手引き」を新たに公表 スマホで見やすいマニュアルも

厚労省、介護職向け「感染対策の手引き」を新たに公表 スマホで見やすいマニュ…

2020年10月2日

記事を読む >

介護の勤務表、統一的な様式を公表 厚労省 活用を呼びかけ

介護の勤務表、統一的な様式を公表 厚労省 活用を呼びかけ

2020年10月1日

記事を読む >

介護職になれば20万円 2年働けば返済免除 厚労省、人材確保へ新施策

介護職になれば20万円 2年働けば返済免除 厚労省、人材確保へ新施策

2020年9月30日

記事を読む >

介護保険料の滞納で資産差し押さえ、最多の1.9万人 厚労省調査

介護保険料の滞納で資産差し押さえ、最多の1.9万人 厚労省調査

2020年9月29日

記事を読む >

ほかの記事を探す

介護を学ぼう!

おすすめコンテンツ

  • img_sidebar
  • img_sidebar
  • img_sidebar
  • 看護職・介護職の派遣紹介 メディカルキュービック
  • img_sidebar
  • 看護職・介護職の派遣紹介 メディカルキュービック
  • img_sidebar
  • img_sidebar