ハートページナビは介護の総合情報サイトです

介護職員の離職率、過去最低の14.9% 全産業の平均を下回る

介護職員の離職率、過去最低の14.9% 全産業の平均を下回る介護職員の離職率、過去最低の14.9% 全産業の平均を下回る

介護労働安定センターが23日に公表した最新の「介護労働実態調査」の結果 − 。介護職員の離職率が過去最低を記録したと報告されている。【Joint編集部】

2019年10月から昨年9月までの1年間の離職率は14.9%。過去最低だった前年を0.5ポイント下回った。全産業の平均離職率は15.6%(2019年雇用動向調査結果)で、介護職員はそれよりも0.7ポイント低く留まっている。

介護職員の離職率グラフ

処遇改善加算の拡充、特定処遇改善加算の新設など累次の施策が効いている可能性もある。一時は20%を上回り、数年前までおおむね横ばいで推移してきた介護職員の離職率は、ここにきて低下傾向が表れてきた。

令和2年度介護労働実態調査結果について

この調査は介護労働安定センターが毎年実施しているもの。今回は全国の約1万7500事業所を対象として昨年10月に行われ、9244事業所から有効な回答を得たという。

介護職員の離職率を職種ごとにみると、ホームヘルパーが15.6%で相対的に高い。介護職員は14.7%、サービス提供責任者は14.9%だった。

このほか、介護職の不足感を尋ねたところ60.8%が「不足」を選んだ(*)。職種によってバラつきがあり、ホームヘルパーは80.1%、介護職員が66.2%、ケアマネジャーが32.0%、サ責が31.9%などとなっている。

* 大いに不足、不足、やや不足をあわせた割合

提供元:介護のニュースサイトJoint

この記事をシェアする

ハートページナビは、介護保険・介護サービス事業者情報誌「ハートページ」のWebサイトです。
ハートページ誌は、全国約70市区・約100万部を発行する業界最大級の介護情報誌。20年を超える歴史(2001年創刊)、カバーするエリアの広さ、発行部数、各自治体や連絡協議会と連携し制作された信頼性の高さで、介護に関わるみなさまより高い評価を得ています。
ハートページナビでは、介護情報を専門に扱うサイトとして、介護に関わる皆さまに必要な情報、役立つ情報などを掲載しています。
介護報酬改定・介護保険制度改正の最新情報
介護求人ナビへのリンク お問い合わせへのリンク

おすすめコンテンツ

介護求人ナビへのリンク お問い合わせへのリンク