ハートページナビは介護の総合情報サイトです

「必要なら制限すべきでない」 厚労省、介護施設の利用者の外出で通知

「必要なら制限すべきでない」 厚労省、介護施設の利用者の外出で通知「必要なら制限すべきでない」 厚労省、介護施設の利用者の外出で通知

厚生労働省が24日に出した介護施設の面会についての新たな通知 − 。この中には、利用者を外出させる際の留意点もまとめられている。【Joint編集部】

生活や健康の維持のために必要な外出は制限すべきでない、と改めて明記。いわゆる「3密」の回避、マスクの着用、手指衛生、換気など、基本的な感染防止策を徹底して行うよう重ねて呼びかけた。

社会福祉施設等における面会等の実施にあたっての留意点について

新型コロナウイルスの感染が拡大している地域については、「感染拡大防止の観点と入所者、家族のQOLを考慮して対応を検討すること」と説明。厚労省は今回の通知で、施設・居住系サービスだけでなく訪問介護、通所介護などにも同じ趣旨の要請をした。

感染状況が全国的に落ち着いていること、ワクチン接種が進んだことが通知の背景にある。今なお面会や外出に厳しい一律の制限をかけている施設も一部にあり、厚労省は現場向けに通知を発出するとアナウンスしていた。

提供元:介護のニュースサイトJoint

この記事をシェアする

ハートページナビは、介護保険・介護サービス事業者情報誌「ハートページ」のWebサイトです。
ハートページ誌は、全国約70市区・約100万部を発行する業界最大級の介護情報誌。20年を超える歴史(2001年創刊)、カバーするエリアの広さ、発行部数、各自治体や連絡協議会と連携し制作された信頼性の高さで、介護に関わるみなさまより高い評価を得ています。
ハートページナビでは、介護情報を専門に扱うサイトとして、介護に関わる皆さまに必要な情報、役立つ情報などを掲載しています。
介護報酬改定・介護保険制度改正の最新情報
介護求人ナビへのリンク お問い合わせへのリンク

おすすめコンテンツ

介護求人ナビへのリンク お問い合わせへのリンク