ハートページナビは介護の総合情報サイトです

介護報酬の各種加算、来月から提出書類が変更に!! 事務負担軽減へ共通様式を公表 厚労省通知

介護報酬の各種加算、来月から提出書類が変更に!! 事務負担軽減へ共通様式を公表 厚労省通知介護報酬の各種加算、来月から提出書類が変更に!! 事務負担軽減へ共通様式を公表 厚労省通知

介護保険最新情報Vol.1045

厚生労働省は17日、介護報酬の各種加算の算定ルールなどを詳しく規定している通知を改正した。介護保険最新情報のVol.1045で広く周知している。【Joint編集部】

介護施設・事業所が各種加算を届け出る際に必要となる書類を、現場の事務負担の軽減を図る観点から幅広く整備した。

算定要件を満たしているかどうか確認するための書類のうち、これまで国として統一的なテンプレートを定めていなかったものについて、新たに共通の様式を作成・明示。この様式を基に届け出を行ってもらう決まりとした。

これまでは共通の様式が無かったため、自治体がそれぞれ独自に作った書類を用いるケースが多かった。地域によって求められる内容が異なるため、現場の関係者から「混乱する」「煩雑さが増す」などの不満が噴出していた経緯がある。

厚労省が新たに作成・明示したのは、勤務形態一覧表や平面図だけでは“要件クリア”を確認しきれない加算の届け出書。例えば、利用者の状態像(*)、緊急時の連絡体制、地域貢献の活動などが要件となっている加算が該当する。具体的には、認知症専門ケア加算、生活相談員配置等加算、中重度者ケア体制加算、看取り介護加算、夜間支援体制加算などの様式が新設された。これにより、加算算定に伴う提出書類の統一化は大きく前進したことになる。

* 中重度者の割合や認知症の高齢者の割合など

厚労省はこのほか、処遇改善加算の下位区分(4と5)が今年度いっぱいで廃止されることなどを踏まえ、体制等状況一覧表もアップデート。勤務形態一覧表の参考計算書も示すなど、各種加算の書類の様式を幅広く見直している。

提供元:介護のニュースサイトJoint

この記事をシェアする

ハートページナビは、介護保険・介護サービス事業者情報誌「ハートページ」のWebサイトです。
ハートページ誌は、全国約70市区・約100万部を発行する業界最大級の介護情報誌。20年を超える歴史(2001年創刊)、カバーするエリアの広さ、発行部数、各自治体や連絡協議会と連携し制作された信頼性の高さで、介護に関わるみなさまより高い評価を得ています。
ハートページナビでは、介護情報を専門に扱うサイトとして、介護に関わる皆さまに必要な情報、役立つ情報などを掲載しています。
介護報酬改定・介護保険制度改正の最新情報
介護求人ナビへのリンク

おすすめコンテンツ

介護求人ナビへのリンク