ハートページナビは介護の総合情報サイトです

豆が当たったのは…そこ?コロナ禍でもほのぼのしたデイサービスの節分レク【介護漫画】

豆が当たったのは…そこ?コロナ禍でもほのぼのしたデイサービスの節分レク【介護漫画】豆が当たったのは…そこ?コロナ禍でもほのぼのしたデイサービスの節分レク【介護漫画】

今年の節分は豆まきできましたか?
コロナ禍ではあるものの、節分イベントが行われたデイサービスもあったようです。
しかし、豆まきに参加した女性はある失敗をしてしまったようで……?

思いっきり投げた福豆はどこへ?

介護漫画/コロナ禍でのデイサービス節分レク1

介護漫画/コロナ禍でのデイサービス節分レク2

今年の節分は2月2日。在宅で生活なさっている要介護・要支援の方々は、どんな節分をお過ごしだったのでしょうか?

まだ寒い日が続きますが節分を境に暦は春。
高齢者の方々からは「昔はどの家も玄関に柊鰯(ひいらぎいわし)を飾っていたけど最近は見ない。けしからん」といった声も聞こえます。
柊鰯とは、焼いた鰯の頭を柊の枝に刺したもの。魔除け・厄除けといった意味があるようです。

時代とともに節分の在り方も変わり、最近では殻付きのピーナッツをまくご家庭もあるようですね。煎り豆よりも片付きがいいんだそうです。

私が働く訪問介護事業所の利用者さんの中にはデイサービスに通う方もたくさんいて、「家で豆まきすると散らって後始末が大変なので、デイで力いっぱい投げてきた」というお話をよく耳にします。
高齢者にとって節分はクリスマスより盛り上がるイベントのようです。

ある女性利用者さんは、デイサービスでの豆まきで起こったある失敗について語ってくださいました。

その方は一人暮らしなので、豆まきはデイで本格的にやる予定だったのですが、今年は鬼役の職員さんが去年より遠くにいたそうです。きっとコロナの影響ではないか、とのこと。

その利用者さんは「コロナに勝つ!」といった気持ちも豆に込めたようです。毎日の不安をぶつけるような気持ちだったのかもしれません。

そして鬼に届くよう振りかぶって投げた瞬間、前にいた男性の頭に音を立てて豆が当たってしまったそう。

「悪いと思ったわ。だって毛がなくて直に頭に当たったんだから」とのこと。

でもユーモアのある方だったようで、利用者さんが謝ると「豆で頭が清められたから生えるかもしれん」と気にしていない様子だったとか。

コロナで緊迫した状況が続く中、なんだかほっこりするようなエピソードでした。

この記事をシェアする

漫画:藤木 なみき

著者の画像

漫画:藤木 なみき

著者の画像

介護福祉士、福祉住環境コーディネーター2級、認知症介護実践者研修修了、介護予防運動指導員、ビューティータッチセラピスト
2003年より出産・育児をしながら介護職員として働く。訪問介護、デイサービス、デイケア、グループホーム、特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅など、これまで多数の居宅サービス、施設サービスを経験。現在はホームヘルパーとして働きながら、さまざまな職場での実体験をもとに介護関連のイラストや漫画を作成する。

ハートページナビは、介護保険・介護サービス事業者情報誌「ハートページ」のWebサイトです。
ハートページ誌は、全国約70市区・約100万部を発行する業界最大級の介護情報誌。20年を超える歴史(2001年創刊)、カバーするエリアの広さ、発行部数、各自治体や連絡協議会と連携し制作された信頼性の高さで、介護に関わるみなさまより高い評価を得ています。
ハートページナビでは、介護情報を専門に扱うサイトとして、介護に関わる皆さまに必要な情報、役立つ情報などを掲載しています。
介護報酬改定・介護保険制度改正の最新情報
介護求人ナビへのリンク お問い合わせへのリンク

おすすめコンテンツ

介護求人ナビへのリンク お問い合わせへのリンク