ハートページナビは介護の総合情報サイトです

身近な人への差し入れは?病院の介護士おすすめのもらって役立つ2選【漫画】

身近な人への差し入れは?病院の介護士おすすめのもらって役立つ2選【漫画】身近な人への差し入れは?病院の介護士おすすめのもらって役立つ2選【漫画】

精神科病院で働く介護士が、もらって困らない&本当に役立つ差し入れをチョイスしました。
病院や病棟、介護施設などによって状況は異なるかもしれませんが、身近な方へ渡すお見舞いの品選びの参考にしてくださいね。

介護士おすすめの差し入れはこの2点!

身近な人へのおすすめ差し入れ1/介護士漫画

身近な人へのおすすめ差し入れ2/介護士漫画

コロナワクチンの接種が進んでいるものの、私の勤務する精神科病院ではまだ面会に制限があります。
そのため「差し入れだけでも……」とお持ちになるご家族もいらっしゃいますが、どんなものを用意したらいいのかと悩む方も多いようです。

ご本人の好きな雑誌などを差し入れるのもいいですが、患者さんがもらって役立つものを選んでみてはいかがでしょうか?

介護職員からみたおすすめの差し入れは2点です。

おすすめは、なんといっても日用品。
化粧水や乳液、ハンドクリーム、リップクリームは毎日使うものですが、病院の売店で買うと定価なのでとても高く、種類も少ないので選ぶ楽しみもありません。

ドラッグストアで買って差し入れすれば病院の半額以下ですし、患者さんも喜びます。
シャンプーやボディソープも病院では2種類しか取り扱っていないので、ちょっと変わったものを使っていると、みんなの憧れの的になります。

タオル類も喜ばれる傾向です。
ほとんどの患者さんは洗濯物をクリーニングに出すので、乾燥機にかけると1カ月もせずに縮んでしまってゴワゴワに。なので何枚あっても困りません。

キレイな柄なら他の用途にも使えます。バスタオルはひざ掛けに、フェイスタオルはマフラーのように首に巻く患者さんも。

差し入れする品選びには注意点もあります。精神科ならではかもしれませんが、いろいろ規制があるので注意が必要です。

まず衛生上の関係で、生ものやお惣菜はお断りしなければなりません。食餌療法や薬の関係で制限されている飲食物もあります。

また、精神科では鏡やヘアピン、綿棒も危険物になることもあり、病状によっては患者さんにお渡しできません。

患者さんは差し入れをもらうと嬉しそうですが、それよりも玄関のガラス越しにでもご家族やご友人の顔を見ると元気になります。
相手に喜んでもらえる差し入れに悩むのも素敵なことですが、まずはお顔を見に足を運んでいただければと思います。

この記事をシェアする

漫画・コラム:きやゆか

著者の画像

漫画・コラム:きやゆか

著者の画像

介護福祉士
精神科病院に勤務する介護士。看護補助として働く。自己研鑽の院内研修を終了し、その後介護福祉士を取得。勤続10年を迎えてベテラン域に入り、責任のある立場に押し上げられ新人指導にもあたるが苦戦する毎日。家では夫と2人の息子、犬の世話に追われ、合間にイラストや漫画を作成する毎日を送る。

ハートページナビは、介護保険・介護サービス事業者情報誌「ハートページ」のWebサイトです。
ハートページ誌は、全国約70市区・約100万部を発行する業界最大級の介護情報誌。20年を超える歴史(2001年創刊)、カバーするエリアの広さ、発行部数、各自治体や連絡協議会と連携し制作された信頼性の高さで、介護に関わるみなさまより高い評価を得ています。
ハートページナビでは、介護情報を専門に扱うサイトとして、介護に関わる皆さまに必要な情報、役立つ情報などを掲載しています。
介護報酬改定・介護保険制度改正の最新情報
介護求人ナビへのリンク

おすすめコンテンツ

介護求人ナビへのリンク