ハートページナビは介護の総合情報サイトです

「あらあら、そんなに気合入れて」高齢者のツボにはまったヘルパーの行動とは?【介護漫画】

「あらあら、そんなに気合入れて」高齢者のツボにはまったヘルパーの行動とは?【介護漫画】「あらあら、そんなに気合入れて」高齢者のツボにはまったヘルパーの行動とは?【介護漫画】

春の訪れを感じるものといえば――花粉症もそのひとつですよね。
くしゃみが出たり顔がかゆくなったり、目や鼻がぐじゅぐじゅになったり。辛い症状で苦しむ人は少なくありませんが、ある訪問介護のヘルパーもそのひとりです。
その辛さをわかっているからこそ、高齢者に同じ思いをさせてはいけないと配慮するのですが……。

「は!花粉を持ち込んじゃうかも…」

介護漫画/花粉症のヘルパー1

介護漫画/花粉症のヘルパー2

新型コロナウイルスの流行はいまだ終わらず、なかなか気の抜けない生活が継続しています。それでも、何とか当訪問介護事業所と利用者の方々は皆さん元気で過ごされています。

「通所中のデイサービスで陽性者が出ました」という報告はありましたが、私たちが担当する利用者さんは濃厚接触者とはならなかったようで一安心でした。

軽症の方が多いとはいえ高齢者への感染は油断できません。利用者さんの観察はヘルパーとして必須です。風邪症状などがある方には検温と受診を勧めています。

そんな中、風邪と勘違いされやすいのが花粉症の症状です。
私は花粉症なので、毎年この時期は症状を抑制する市販薬を飲んで訪問に臨んでいます。

薬のおかげでほぼ症状は治まるのですが、掃除の際などふとした拍子に「くしゃん」とくしゃみが出そうになることも。利用者さんに不安感を与えないためにも、必至にこらえながらサービスを行っています。

前日に雨が降り花粉が上がりやすい条件が整ったある日、家事援助のサービスに入りました。
花粉のつきにくい服を着ていても、服や髪にはどうしても花粉がついてしまいます。

「利用者さんが花粉症だったら私が入るの嫌だろうな」。そう思って、訪問時間より少し早めに家のそばまで行き、体中パンパンはたいていました。

しっかり落としておかないと……そう思って必至ではたいていたところ、利用者さんが家からひょこっと顔を出され、怪訝そうに「何してるの?」と。

「花粉を落としてるんですよ」とお伝えすると、利用者さんは「そうだったの。気合を入れてるのかと思った」「お相撲さんの土俵入りみたいだったからね」と笑っておられました。
体をパンパンと叩いて……怪しい行動に見えたんでしょうね(笑)。

あとで聞くとその利用者さんはアレルギーも花粉症も一切ないらしく、私の取り越し苦労だったというわけです。

しかし花粉症の方は少しの花粉でもひどいアレルギー症状を引き起こすことがあるので、慎重なくらいがちょうどいいかもしれませんね。

この記事をシェアする

漫画・コラム:藤木 なみき

著者の画像

漫画・コラム:藤木 なみき

著者の画像

介護福祉士、福祉住環境コーディネーター2級、認知症介護実践者研修修了、介護予防運動指導員、ビューティータッチセラピスト
2003年より出産・育児をしながら介護職員として働く。訪問介護、デイサービス、デイケア、グループホーム、特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅など、これまで多数の居宅サービス、施設サービスを経験。現在はホームヘルパーとして働きながら、さまざまな職場での実体験をもとに介護関連のイラストや漫画を作成する。

ハートページナビは、介護保険・介護サービス事業者情報誌「ハートページ」のWebサイトです。
ハートページ誌は、全国約70市区・約100万部を発行する業界最大級の介護情報誌。20年を超える歴史(2001年創刊)、カバーするエリアの広さ、発行部数、各自治体や連絡協議会と連携し制作された信頼性の高さで、介護に関わるみなさまより高い評価を得ています。
ハートページナビでは、介護情報を専門に扱うサイトとして、介護に関わる皆さまに必要な情報、役立つ情報などを掲載しています。
介護報酬改定・介護保険制度改正の最新情報
介護求人ナビへのリンク

おすすめコンテンツ

介護求人ナビへのリンク