ハートページナビは介護の総合情報サイトです

「花より団子」な訪問介護の利用者さん。ヘルパーに切願した“見てるだけ”の意味とは【介護漫画】

「花より団子」な訪問介護の利用者さん。ヘルパーに切願した“見てるだけ”の意味とは【介護漫画】「花より団子」な訪問介護の利用者さん。ヘルパーに切願した“見てるだけ”の意味とは【介護漫画】

お花見シーズンです。新型コロナの影響でシートを広げての宴会は困難ですが、桜は見るだけでも心が穏やかになりますね。
ですが、ある訪問介護の利用者さんは「花より団子」だったようで……ヘルパーは“あるお願い”をされてしまいます。

お願いは「お花見だんごを買ってきて」だけじゃなかった

介護漫画/お花見団子は喉に詰まりやすい?1

介護漫画/お花見団子は喉に詰まりやすい?2

桜が咲くほど暖かい季節ですが、「こたつは梅雨まで置いておく!」という利用者さんは昔から意外に多いんです。
皆さんはどのようにお過ごしですか?

気温が上がると高齢者の方も活動的になるようで、「散歩の距離をちょっとのばそうか」「デイサービスでもっと体を動かそうかな」など、訪問介護の際にもよくそういった話になります。

ですが、一番したいことは「家族と会いたい」「孫を抱っこしたい」といった内容がやはり多いようですね。
「早くしないと抱っこできないくらい孫が大きくなってしまうね」と苦笑いする方もいらっしゃいました。

ある利用者さんの願望は「3色だんご」でした。
いまもステイホームを貫いているお一人暮らしの利用者さん。桜が咲き始めると「お花見だんごが食べたい」とおっしゃり、買い物メモには「3色だんご」の文字が。とってもウキウキした表情です。

膝が悪くふらつきもあるため、2年半の間、私が週2回の買い物と掃除をしています。その中でもよく嬉しそうな顔をするのが、お餅系スイーツの買い物を要望されるとき。

ですがその方はもうかなりのお年。お正月は一人だったそうで、喉に詰まらせるのが怖くてお餅を食べられず残念がっていました。

私が3食だんごを買ってくると、まずはお仏壇にお供え。その週の2回目の訪問時には「これ、食べるから見ててほしい!」と、ご自分でお茶も用意して準備万端です。

2本入りの3色だんごをゆっくり味わって完食すると、「やっぱりおだんごはおいしいね」「特に祝い事もないのに食べてごめんね、お父さん」と、嬉しそうにお仏壇に話しかけていらっしゃいました。

見守り中は動けないのでいつもの支援はできませんでしたが、利用者さんは本当に嬉しそうでした。
こんなに感謝されたのはいつぶりだろうと思うほど、「ありがとう」と帰りがけに何度もおっしゃっていたほどです。

自宅から出ることが少ない利用者さん。楽しみを増やすことに貢献できてよかったと思えたエピソードです。

この記事をシェアする

漫画・コラム:藤木 なみき

著者の画像

漫画・コラム:藤木 なみき

著者の画像

介護福祉士、福祉住環境コーディネーター2級、認知症介護実践者研修修了、介護予防運動指導員、ビューティータッチセラピスト
2003年より出産・育児をしながら介護職員として働く。訪問介護、デイサービス、デイケア、グループホーム、特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅など、これまで多数の居宅サービス、施設サービスを経験。現在はホームヘルパーとして働きながら、さまざまな職場での実体験をもとに介護関連のイラストや漫画を作成する。

ハートページナビは、介護保険・介護サービス事業者情報誌「ハートページ」のWebサイトです。
ハートページ誌は、全国約70市区・約100万部を発行する業界最大級の介護情報誌。20年を超える歴史(2001年創刊)、カバーするエリアの広さ、発行部数、各自治体や連絡協議会と連携し制作された信頼性の高さで、介護に関わるみなさまより高い評価を得ています。
ハートページナビでは、介護情報を専門に扱うサイトとして、介護に関わる皆さまに必要な情報、役立つ情報などを掲載しています。
介護報酬改定・介護保険制度改正の最新情報
介護求人ナビへのリンク

おすすめコンテンツ

介護求人ナビへのリンク