ハートページナビは介護の総合情報サイトです

患者さんに振り回される!介護士が困った梅雨の時期の出来事【漫画】

患者さんに振り回される!介護士が困った梅雨の時期の出来事【漫画】患者さんに振り回される!介護士が困った梅雨の時期の出来事【漫画】

梅雨……ムシムシジメジメと憂鬱な時期です。蒸し暑い、洗濯物を外干しできない、カビが生えやすい、オシャレができないなど、この時期はイヤなことのオンパレードですが、介護士もちょっと大変みたい。
介護士が直面した困った出来事とは?

梅雨の時期はなんだか賑やか?

梅雨の時期に起きた事件1/介護士漫画

梅雨の時期に起きた事件2/介護士漫画

梅雨真っ只中ですね。
雨続きなのはもちろん、むし暑くて動きづらいし、髪も湿気でぼさぼさだし、この時期はどうしても憂鬱になってしまいます。

他にもこの時期ならではの困ったことがあるんです。

食事に出てくる牛乳や生卵をこっそりお部屋に持ち帰ってしまう患者さん。
夜中にお腹が空いたときに牛乳を飲みたい、夏場は生卵が出ないので大事にとっておきたい……と考えてのことなのかもしれません。

これらは傷みやすい上に、しまったまま忘れてしまう患者さんも多いんです。
いつからあったのかわかりませんが、パンパンに膨らんだ牛乳パックの中でヨーグルト状になった牛乳を発見したことも。けっこう衝撃を受けます。

日中は窓を開けて換気をし、日が暮れたら閉めるという患者さんも。
天気のいい日の換気はいいのですが、雨の日でも窓を開けたいようで、気付いたときには窓枠やカーテンまでがカビだらけに。

気管支が弱い方も多いのでそのままにすることもできず、でも漂白剤だと匂いが気になるので対処に困ってしまいます。この時期のカビの繁殖力はものすごいですよね……。

なにより、気圧の変化が大きいこの時期は患者さんの状態が落ち着かず、病棟中がわさわさします。
周りが騒がしいと調子が悪くなってしまう方もいるのでなおさらです。

梅雨も必要なのは頭ではわかっていても、やはり早く過ぎてほしいものです。

この記事をシェアする

漫画・コラム:きやゆか

著者の画像

漫画・コラム:きやゆか

著者の画像

介護福祉士
精神科病院に勤務する介護士。看護補助として働く。自己研鑽の院内研修を終了し、その後介護福祉士を取得。勤続10年を迎えてベテラン域に入り、責任のある立場に押し上げられ新人指導にもあたるが苦戦する毎日。家では夫と2人の息子、犬の世話に追われ、合間にイラストや漫画を作成する毎日を送る。

ハートページナビは、介護保険・介護サービス事業者情報誌「ハートページ」のWebサイトです。
ハートページ誌は、全国約70市区・約100万部を発行する業界最大級の介護情報誌。20年を超える歴史(2001年創刊)、カバーするエリアの広さ、発行部数、各自治体や連絡協議会と連携し制作された信頼性の高さで、介護に関わるみなさまより高い評価を得ています。
ハートページナビでは、介護情報を専門に扱うサイトとして、介護に関わる皆さまに必要な情報、役立つ情報などを掲載しています。
介護報酬改定・介護保険制度改正の最新情報
介護求人ナビへのリンク

おすすめコンテンツ

介護求人ナビへのリンク