ハートページナビは介護の総合情報サイトです

健康格差、解消されず 喫煙や健診に所得間で違い 厚労省調査

健康格差、解消されず 喫煙や健診に所得間で違い 厚労省調査健康格差、解消されず 喫煙や健診に所得間で違い 厚労省調査

厚生労働省は14日、2018年の国民健康・栄養調査の結果を公表した。【Joint編集部】

個々の経済状況に伴う“健康格差”が十分に解消されていない実態が改めて報告されている。

平成30年「国民健康・栄養調査」の結果

所得が200万円未満の世帯は600万円以上の世帯と比べ、習慣的にたばこを吸っている人の割合や健診を受けていない人の割合、歯の本数が20歯未満の人の割合が高かった。歩数の平均値も所得の低い人の方が少なくなっていた。

厚労省の担当者は、「健康寿命の延伸に向けて“健康格差”を無くしていきたい。今回の調査結果を今後の施策に活かしていく」と話した。

この調査は2018年11月に実施されたもの。全国の5032世帯が対象で、65%の3268世帯から有効な回答を得たという。

例えば喫煙。習慣となっている男性は所得600万円以上が27.3%、200万円未満が34.3%だった。女性は600万円以上が6.5%だった一方で、200万円未満は13.7%。倍以上の開きがみられた。

健診を受けていない人の割合も格差が大きい。男性は600万円以上が16.7%、200万円未満が40.7%。女性は600万円以上が26.1%、200万円未満が41.1%となっている。

今回の調査ではこのほか、生活習慣病のリスクを高めてしまう量のお酒を飲んでいる割合が、高所得の人ほど高い傾向にあることも分かった。また、65歳以上の低栄養の人は男性が10.3%、女性が20.3%だったとも報告されている。

注目記事

75歳以上の医療費負担増、予定通り年内に結論 厚労相 2割の対象範囲が焦点

75歳以上の医療費負担増、予定通り年内に結論 厚労相 2割の対象範囲が焦点

2020年9月18日

記事を読む >

菅新総裁、全世代型社会保障改革を踏襲 介護政策の方向性も維持へ

菅新総裁、全世代型社会保障改革を踏襲 介護政策の方向性も維持へ

2020年9月15日

記事を読む >

口腔・栄養ケア、通所介護などで推進 報酬改定へ具体策検討 厚労省

口腔・栄養ケア、通所介護などで推進 報酬改定へ具体策検討 厚労省

2020年9月14日

記事を読む >

介護報酬の請求、コロナ禍で遅れても可 厚労省 対応を継続

介護報酬の請求、コロナ禍で遅れても可 厚労省 対応を継続

2020年9月9日

記事を読む >

「外部サービスの利用制限は不適切」 厚労省、有料やサ高住に改善要請

「外部サービスの利用制限は不適切」 厚労省、有料やサ高住に改善要請

2020年9月7日

記事を読む >

介護職の慰労金、20万円の対象期間拡大を 自治体の関係者が要請

介護職の慰労金、20万円の対象期間拡大を 自治体の関係者が要請

2020年9月7日

記事を読む >

感染症や災害への対応力、どう強化? 運営基準の厳格化を求める声も 介護報酬改定の論点に

感染症や災害への対応力、どう強化? 運営基準の厳格化を求める声も 介護報酬…

2020年9月5日

記事を読む >

「介護職の慰労金、積極的な申請を」 加藤厚労相が呼びかけ

「介護職の慰労金、積極的な申請を」 加藤厚労相が呼びかけ

2020年9月4日

記事を読む >

東京都、高齢者のインフル予防接種を無料に 補正予算案を決定

東京都、高齢者のインフル予防接種を無料に 補正予算案を決定

2020年9月4日

記事を読む >

介護職の慰労金、野党から2度目の支給を求める声 厚労相は慎重姿勢

介護職の慰労金、野党から2度目の支給を求める声 厚労相は慎重姿勢

2020年9月2日

記事を読む >

ほかの記事を探す

介護を学ぼう!

おすすめコンテンツ

  • img_sidebar
  • img_sidebar
  • img_sidebar
  • 看護職・介護職の派遣紹介 メディカルキュービック
  • img_sidebar
  • 看護職・介護職の派遣紹介 メディカルキュービック
  • img_sidebar
  • img_sidebar