ハートページナビは介護の総合情報サイトです

ヘルパーの有効求人倍率、14.75倍に上昇 2019年 厚労省

ヘルパーの有効求人倍率、14.75倍に上昇 2019年 厚労省ヘルパーの有効求人倍率、14.75倍に上昇 2019年 厚労省

ホームヘルパーの人手不足が更に加速している。【Joint編集部】

訪問介護の担い手の有効求人倍率が2019年の平均で14.75倍にのぼっていることが、厚生労働省の報告で18日にわかった。職場を探すヘルパー1人に対して、14.75人分の求人がきていることを意味する。

全産業の平均は1.60倍。その9.22倍と極めて高い水準にある。

介護職の平均は3.80倍(2019年4月)。もともと深刻な業界の中でも、訪問介護が特に厳しい状況にあることが改めて浮き彫りになった。必要なサービスを受けたくても受けられない高齢者の増加が懸念されている。

介護報酬を段階的に引き下げてきた国の施策が影響しているとみられる。

非常に大変で責任の重い仕事の割に賃金は低い、とみて敬遠する人が少なくない。初任者研修などを受ける必要があることも要因の1つ。高齢化が進んでリタイアするヘルパーは多いが、新たに参入してくる人はそれほど増えていない。

地域の介護ニーズは今後さらに拡大していく見通し。事態を速やかに好転させる対策が欠かせない。

焦点は来年4月に控える介護報酬改定。厚労省はこれまで「処遇改善加算」の拡充などを進めてきたが、とりわけ訪問介護では思うような成果をあげられていない。次にどんな手を打つのか、業界内だけにとどまらない大きな関心を集めそうだ。

ニュース新着記事一覧

要介護認定の有効期間、市町村の判断で延長可 厚労省 コロナ対応で特例拡大

要介護認定の有効期間、市町村の判断で延長可 厚労省 コロナ対応で特例拡大

2020年4月8日NEW

記事を読む >

政府、通所介護の訪問サービス提供に補助 緊急経済対策

政府、通所介護の訪問サービス提供に補助 緊急経済対策

2020年4月8日NEW

記事を読む >

初の緊急事態宣言 介護現場はどうなる?

初の緊急事態宣言 介護現場はどうなる?

2020年4月7日NEW

記事を読む >

中小企業の資金繰り支援策、コロナ禍で全介護サービスが対象に 1日から

中小企業の資金繰り支援策、コロナ禍で全介護サービスが対象に 1日から

2020年4月1日

記事を読む >

介護事業所の勤務表、全国共通様式を今年度中に策定 厚労省方針

介護事業所の勤務表、全国共通様式を今年度中に策定 厚労省方針

2020年4月1日

記事を読む >

介護福祉士国試、合格率7割切る 合格者数はピーク時から4割減

介護福祉士国試、合格率7割切る 合格者数はピーク時から4割減

2020年3月25日

記事を読む >

介護現場へのマスク配布、全サービスが対象 国が直送 利用者と職員に1人1枚

介護現場へのマスク配布、全サービスが対象 国が直送 利用者と職員に1人1枚

2020年3月19日

記事を読む >

おすすめコンテンツ

  • img_sidebar
  • img_sidebar
  • img_sidebar

介護を学ぼう!