ハートページナビは介護の総合情報サイトです

介護福祉士の登録証、旧姓併記が可能に 働く女性ら後押し 厚労省

介護福祉士の登録証、旧姓併記が可能に 働く女性ら後押し 厚労省介護福祉士の登録証、旧姓併記が可能に 働く女性ら後押し 厚労省

社会福祉士と介護福祉士の登録証に旧姓を併記することが可能となった。【北村俊輔】

厚生労働省が社会福祉士及び介護福祉士法のルールを改正。6日に施行し、全国の自治体へ通知を出して伝えた。

社会福祉士介護福祉士学校指定規則及び社会福祉に関する科目を定める省令の一部を改正する省令等の施行について(通知)

結婚した後もキャリアを重ねていく女性らを後押しする狙い。姓が変わっても旧姓を使い続けやすい職場環境を作るべき、という要請に応えた。

厚労省は今回、社会福祉士と介護福祉士の登録申請書、登録事項変更届出書の様式をアップデート。旧姓欄と旧姓併記の希望欄を新たに設けた。従来の決まりでは、姓が変わった後で登録証に記載できるのは新姓のみだった。

変更の受け付けは既に開始されている。資格保有者で旧姓併記を希望する人は、社会福祉振興・試験センターにその旨を届け出ればよい。内容に不備が無ければ、申請から最短1ヵ月で新たな登録証が交付されるという。

医師や看護師、薬剤師などには以前から、旧姓の免許証を使用することが認められていた。弁護士や公認会計士、税理士なども同様だ。このため、政府の規制改革推進会議が昨年から、女性の資格保有者が多い介護福祉士などでもルールを変えるよう注文していた。

ニュース新着記事一覧

通所介護、特例で報酬増 厚労省 上位の時間区分で算定可能に

通所介護、特例で報酬増 厚労省 上位の時間区分で算定可能に

2020年6月2日NEW

記事を読む >

介護職への給付金、事業所を経由して支給 厚労省方針

介護職への給付金、事業所を経由して支給 厚労省方針

2020年6月1日

記事を読む >

クラスター発生を想定した準備を 専門家会議、自治体や介護現場に呼びかけ

クラスター発生を想定した準備を 専門家会議、自治体や介護現場に呼びかけ

2020年6月1日

記事を読む >

厚労省、障害福祉の就労継続支援事業所に最大50万円を支給 再起を支援

厚労省、障害福祉の就労継続支援事業所に最大50万円を支給 再起を支援

2020年5月29日

記事を読む >

現場復帰する介護職への準備金、大幅拡充 厚労省 全国一律で最大40万円

現場復帰する介護職への準備金、大幅拡充 厚労省 全国一律で最大40万円

2020年5月28日

記事を読む >

介護・福祉職員への給付金、全サービスの全職種が対象 厚労省方針

介護・福祉職員への給付金、全サービスの全職種が対象 厚労省方針

2020年5月27日

記事を読む >

介護職員への給付金、感染者がいなければ5万円 いれば20万円 厚労省案

介護職員への給付金、感染者がいなければ5万円 いれば20万円 厚労省案

2020年5月26日

記事を読む >

おすすめコンテンツ

  • img_sidebar
  • img_sidebar
  • img_sidebar
  • 看護職・介護職の派遣紹介 メディカルキュービック

介護を学ぼう!