ハートページナビは介護の総合情報サイトです

「申請を控えることの無いように」 厚労省、要介護認定で協力要請

「申請を控えることの無いように」 厚労省、要介護認定で協力要請「申請を控えることの無いように」 厚労省、要介護認定で協力要請

新型コロナウイルスの流行が現場に大きな影響を与えていることを踏まえ、厚生労働省は27日、要介護認定のプロセスの柔軟な運用について整理した通知を自治体に発出した。【Joint編集部】

「必ずしも窓口での申請は必要ない。電話での相談や郵送などで申請を行うことも可能」

厚労省は改めてそう周知。「介護サービスは生活を継続するうえで欠かせないもの。高齢者が外出自粛などのために申請を控えることの無いように」と対応を呼びかけた。

新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の取扱いについて

あわせて、高齢者の居宅に訪問することへの不安などから認定調査の実施が難しいケースも想定されるとして、「必要に応じて暫定ケアプランの活用も可能」とアナウンスした。

要介護認定をめぐってはNHKが今月26日、東京23区への取材で新規の申請件数が前年と比べて減っていることが分かったと報道。「感染リスクを下げるために申請を控えている人が多い」との見方を伝え、サービスを受けるべき人が受けないケースが広がる恐れがあると指摘していた

厚労省は今回の通知で、新型コロナウイルスの影響がある場合は要介護認定の有効期間を延長(最大1年)できることも改めて周知。「認定審査会の合議はビデオ会議や電話などで行うことが可能」との認識も示し、臨機応変に取り組むよう促した。

ニュース新着記事一覧

厚労省、障害福祉の就労継続支援事業所に最大50万円を支給 再起を支援

厚労省、障害福祉の就労継続支援事業所に最大50万円を支給 再起を支援

2020年5月29日NEW

記事を読む >

現場復帰する介護職への準備金、大幅拡充 厚労省 全国一律で最大40万円

現場復帰する介護職への準備金、大幅拡充 厚労省 全国一律で最大40万円

2020年5月28日NEW

記事を読む >

介護・福祉職員への給付金、全サービスの全職種が対象 厚労省方針

介護・福祉職員への給付金、全サービスの全職種が対象 厚労省方針

2020年5月27日

記事を読む >

介護職員への給付金、感染者がいなければ5万円 いれば20万円 厚労省案

介護職員への給付金、感染者がいなければ5万円 いれば20万円 厚労省案

2020年5月26日

記事を読む >

医療・介護職に最大20万円の慰労金を支給 首相が正式表明

医療・介護職に最大20万円の慰労金を支給 首相が正式表明

2020年5月25日

記事を読む >

介護の利用控え、心身機能低下が深刻 専門家「宣言解除後の重点課題」

介護の利用控え、心身機能低下が深刻 専門家「宣言解除後の重点課題」

2020年5月25日

記事を読む >

介護・福祉関連法案を可決 衆院厚労委 分野横断的な相談支援を展開へ

介護・福祉関連法案を可決 衆院厚労委 分野横断的な相談支援を展開へ

2020年5月24日

記事を読む >

おすすめコンテンツ

  • img_sidebar
  • img_sidebar
  • img_sidebar
  • 看護職・介護職の派遣紹介 メディカルキュービック

介護を学ぼう!