ハートページナビは介護の総合情報サイトです

インフルワクチン、高齢者らは早めに 10月から接種開始へ 厚労省

インフルワクチン、高齢者らは早めに 10月から接種開始へ 厚労省インフルワクチン、高齢者らは早めに 10月から接種開始へ 厚労省

厚生労働省は26日の専門部会で、高齢者や医療従事者などにインフルエンザワクチンを早めに接種するよう呼びかける方針を決めた。【北村俊輔】

細部を詰めた後、来月にも自治体へ事務連絡を出して協力を要請する。接種開始は例年通り10月1日から。

26日の専門部会の資料

今冬のインフルエンザワクチンは、近年では最多の約6350万人分が供給される見込み。その一方で、新型コロナウイルスの影響で予防の意識が高まって需要が大幅に伸び、一部で不足しかねないと懸念されている。

このため厚労省は、重症化のリスクや社会的な役割などを踏まえて早めに接種した方が良いと考えられる人に対し、タイミングを逃さないよう促すことにした。

具体的には、10月前半から65歳以上の高齢者へ接種を呼びかけていく。10月後半からは、日本感染症学会が推奨する医療従事者、基礎疾患がある人、妊婦、小学校2年生までの小児へ対象を拡大する。

対象者以外も接種できないわけではない。厚労省は高齢者らを中心としつつ、できるだけ幅広いニーズに応えられるようにしたいと説明している。

介護職員は優先接種の対象として明確に示されてはいない。早期接種が可能か否かは、地域の供給状況や現場の判断などに左右されるとみられる。

専門部会ではこのほか、今冬のインフルエンザの流行と新型コロナウイルスの感染拡大に備え、医療機関の外来・検査体制の強化を進めていくことも確認された。

注目記事

介護福祉士の養成校、外国人留学生の入学が過去最多に 日本人は最少

介護福祉士の養成校、外国人留学生の入学が過去最多に 日本人は最少

2020年10月15日

記事を読む >

介護施設の面会や外出、制限を緩和 厚労省「感染防止と生きがいのバランスを」

介護施設の面会や外出、制限を緩和 厚労省「感染防止と生きがいのバランスを」

2020年10月14日

記事を読む >

介護保険の自己負担、利用者の金融資産も反映すべき 財務省が提言

介護保険の自己負担、利用者の金融資産も反映すべき 財務省が提言

2020年10月9日

記事を読む >

災害時、避難と福祉を連結 政府、介護施設の対策強化を検討 防災リーダー育成も

災害時、避難と福祉を連結 政府、介護施設の対策強化を検討 防災リーダー育成…

2020年10月8日

記事を読む >

デジタル規制改革、介護も対象 押印の効率化やWeb会議の活用など焦点

デジタル規制改革、介護も対象 押印の効率化やWeb会議の活用など焦点

2020年10月7日

記事を読む >

厚労省、介護福祉士を目指す高校生の学費を支援 3年働けば返済免除

厚労省、介護福祉士を目指す高校生の学費を支援 3年働けば返済免除

2020年10月5日

記事を読む >

厚労省、介護職向け「感染対策の手引き」を新たに公表 スマホで見やすいマニュアルも

厚労省、介護職向け「感染対策の手引き」を新たに公表 スマホで見やすいマニュ…

2020年10月2日

記事を読む >

介護の勤務表、統一的な様式を公表 厚労省 活用を呼びかけ

介護の勤務表、統一的な様式を公表 厚労省 活用を呼びかけ

2020年10月1日

記事を読む >

介護職になれば20万円 2年働けば返済免除 厚労省、人材確保へ新施策

介護職になれば20万円 2年働けば返済免除 厚労省、人材確保へ新施策

2020年9月30日

記事を読む >

介護保険料の滞納で資産差し押さえ、最多の1.9万人 厚労省調査

介護保険料の滞納で資産差し押さえ、最多の1.9万人 厚労省調査

2020年9月29日

記事を読む >

ほかの記事を探す

介護を学ぼう!

おすすめコンテンツ

  • img_sidebar
  • img_sidebar
  • img_sidebar
  • 看護職・介護職の派遣紹介 メディカルキュービック
  • img_sidebar
  • 看護職・介護職の派遣紹介 メディカルキュービック
  • img_sidebar
  • img_sidebar