ハートページナビは介護の総合情報サイトです

約6万人の介護福祉士が誕生! 今年度の国試、合格率は7割台を回復

介護のニュースサイトJoint
介護のニュースサイトJoint
約6万人の介護福祉士が誕生! 今年度の国試、合格率は7割台を回復約6万人の介護福祉士が誕生! 今年度の国試、合格率は7割台を回復

厚生労働省は26日、今年度の第33回介護福祉士国家試験の結果を発表した。【Joint編集部】

受験者数は8万4483人、合格者数は5万9975人。合格率は前回より1.1ポイント上がり、過去3番目に高い71.0%となった。

介護福祉士試験推移/受験者数・合格者数・合格率

今回の合格者のうち、男性は29.8%、女性は70.2%。受験資格別にみると、現場を支える介護職員、ホームヘルパーらが全体の8割超を占めている。養成校は7.9%、福祉系高校は3.9%だった。

第33回介護福祉士国家試験合格発表

年齢別では、30歳以下が33.5%で最多。このほか多い順に、41〜50歳が26.2%、31〜40歳が20.3%、51〜60歳が16.5%となっている。61歳以上は3.5%。

今回の結果により、過去33回の累計の合格者数は147万9605人、平均合格率は56.2%となった。

介護福祉士の国試をめぐっては、現場で学びながら資格を目指す「実務経験ルート」の要件に実務者研修(*)が加わった2016年度から、受験者数が大幅に減った経緯がある。その後、合格率は7割前後と以前にない高い水準が続く。過去最高は2018年度の73.7%。受験者数は今年度も、依然としてピーク時の5割強にとどまっている。

* 最長で450時間。初任者研修を修了していれば320時間程度となるなど、保有資格に応じて研修時間は短くなる。

この記事をシェアする

介護報酬改定・介護保険制度改正の最新情報
介護求人ナビへのリンク お問い合わせへのリンク

おすすめコンテンツ

介護求人ナビへのリンク お問い合わせへのリンク