ハートページナビは介護の総合情報サイトです

介護職員の離職率、低下傾向が続く 昨年度は14.3% ピーク時の3分の2に

介護職員の離職率、低下傾向が続く 昨年度は14.3% ピーク時の3分の2に介護職員の離職率、低下傾向が続く 昨年度は14.3% ピーク時の3分の2に

介護労働安定センターは22日、昨年度の「介護労働実態調査」の結果を公表した。【Joint編集部】

昨年度の介護職員(介護職員とホームヘルパー)の離職率は14.3%。前年より更に0.6ポイント下がり、近年では最も低い水準となった。これまでの推移はグラフの通りだ。

介護職員の離職率の推移グラフ

介護職員の離職率は、21.6%だった2007年度をピークとして低下傾向が続いている。介護労働安定センターはこうした状況を踏まえ、「ピーク時の約3分の2まで低下していることに照らせば、事業所の取り組み、国・地方自治体の政策などが奏功していると言える」との見方を示した。

この調査は昨年10月に実施されたもの。全国1万8000の介護施設・事業所が対象で、8809施設・事業所から有効な回答を得ている。

提供元:介護のニュースサイトJoint

この記事をシェアする

ハートページナビは、介護保険・介護サービス事業者情報誌「ハートページ」のWebサイトです。
ハートページ誌は、全国約70市区・約100万部を発行する業界最大級の介護情報誌。20年を超える歴史(2001年創刊)、カバーするエリアの広さ、発行部数、各自治体や連絡協議会と連携し制作された信頼性の高さで、介護に関わるみなさまより高い評価を得ています。
ハートページナビでは、介護情報を専門に扱うサイトとして、介護に関わる皆さまに必要な情報、役立つ情報などを掲載しています。
介護報酬改定・介護保険制度改正の最新情報
介護求人ナビへのリンク

おすすめコンテンツ

介護求人ナビへのリンク