ハートページナビは介護の総合情報サイトです

無表情だった認知症の妻がにっこり。ふるさと納税が夫婦愛を深めた理由【介護漫画】

無表情だった認知症の妻がにっこり。ふるさと納税が夫婦愛を深めた理由【介護漫画】無表情だった認知症の妻がにっこり。ふるさと納税が夫婦愛を深めた理由【介護漫画】

認知症の進行とともに無気力になり、表情も乏しくなってしまった江川さん。ですが、あるときだけはとても良い表情になります。その理由は旦那さんの努力とふるさと納税にあったよう。
訪問介護のヘルパーが見た心あたたまるエピソードとは?

「食が細い妻に好物を食べてほしい」

介護漫画/高齢者のふるさと納税1

介護漫画/高齢者のふるさと納税2

師走のさなか、今年は防寒対策だけでなく感染症対策も慎重に行う必要があります。そんな状況に疲弊している介護スタッフや高齢者は少なくありません。

我々訪問介護ヘルパーも万全を期していますが、風邪症状がある職員は症状改善まで出勤禁止のお達しが出るなどし、訪問が遅れたり調整せざるを得ないケースが多発したりと混乱が続いています。

そんな厳しい職場環境はどこも同じなのですが、先日ほかの訪問介護事業所に勤務する元同期の友人から、心あたたまる話を耳にしました。

友人がヘルパーとして訪問している江川さん宅。利用者の江川さんは70代後半に発症した認知症をもう10年も患っておられます。
最初は歩くことができたのだそうですが、認知症の進行とともに、ベッドから自発的に起き上がることがないほど無気力に。食事も促さないと摂らなくなってしまいました。

よって、ヘルパーの訪問目的は食事介助。それも通常の倍ほどの時間をかけてゆっくりと召し上がられます。

食事の時間で江川さんがもっともイキイキしているのが、大好物のりんごを目にしたときです。蜜がたっぷり入っていかにもおいしそうなそのりんごは、ご主人によるお取り寄せ食材。
江川さんが生まれ育った地域はりんごが特産で、小さいころから地元のりんごを食べて育ったそう。

食が細くなった妻に何かおいしいものをと考え、ご主人は江川さんが幼少から食したであろう品種を探しにさがして、やっとふるさと納税の返礼品で見つけたんだとか。

日ごろ表情が乏しく意思疎通もかなわない状態の江川さんですが、このりんごを食べるときだけは満面の笑みになるそうです。

家族介護では、認知症が進むと以前の性格が垣間見えず、介助者がコミュニケーションを心のどこかで諦めてしまうこともあります。
しかし、ご主人の瞳にはお元気であった頃の江川さんの姿がまだ鮮明に映っているんだと思います。

この記事をシェアする

漫画・コラム:藤木 なみき

著者の画像

漫画・コラム:藤木 なみき

著者の画像

介護福祉士、福祉住環境コーディネーター2級、認知症介護実践者研修修了、介護予防運動指導員、ビューティータッチセラピスト
2003年より出産・育児をしながら介護職員として働く。訪問介護、デイサービス、デイケア、グループホーム、特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅など、これまで多数の居宅サービス、施設サービスを経験。現在はホームヘルパーとして働きながら、さまざまな職場での実体験をもとに介護関連のイラストや漫画を作成する。

ハートページナビは、介護保険・介護サービス事業者情報誌「ハートページ」のWebサイトです。
ハートページ誌は、全国約70市区・約100万部を発行する業界最大級の介護情報誌。20年を超える歴史(2001年創刊)、カバーするエリアの広さ、発行部数、各自治体や連絡協議会と連携し制作された信頼性の高さで、介護に関わるみなさまより高い評価を得ています。
ハートページナビでは、介護情報を専門に扱うサイトとして、介護に関わる皆さまに必要な情報、役立つ情報などを掲載しています。
介護報酬改定・介護保険制度改正の最新情報
介護求人ナビへのリンク お問い合わせへのリンク

おすすめコンテンツ

介護求人ナビへのリンク お問い合わせへのリンク