ハートページナビは介護の総合情報サイトです

夫が見せた“あるモノ”で思い出す、認知症の妻が忘れなかった記憶とは【介護漫画】

夫が見せた“あるモノ”で思い出す、認知症の妻が忘れなかった記憶とは【介護漫画】夫が見せた“あるモノ”で思い出す、認知症の妻が忘れなかった記憶とは【介護漫画】

訪問介護を利用するある女性は、要介護2で認知症があります。そのためほとんどのことを覚えていません。
ある日、ヘルパーが入浴介助でお宅を訪れると、その場には旦那さんが。認知症の奥さんにあるものを見せると……ステキなご夫婦のエピソードです。

「認知症でも覚えていることがあるんだ」

介護漫画/認知症があっても忘れないこと1

介護漫画/認知症があっても忘れないこと2

冷える季節になってきました。皆さま風邪をこじらせたりされていませんか?

私たちが訪問介護で担当している利用者さんたちは、実は風邪をひいても症状がハッキリと出にくいんです。
何だか体調が悪い、微熱が続くなと思ったら肺炎になってしまっていたというケースも多々あるので、訪問の際には常に注意を払って利用者さんを観察しています。

もし長引く風邪症状があったら市販の薬で対応し続けず、早めに主治医に診てもらうようおすすめします。

さて話は変わりますが、先日ある女性を入浴介助で訪問しました。ご夫婦で二人暮らしですが、奥さまの認知症が進行したことから入浴のお手伝いをすることに。
入浴では、風邪をひかないようしっかり浴槽に浸かって温まっていただきます。

奥さまは認知症で私のことは覚えていないのですが、お風呂上がりにいつも「ありがとう」と言ってくださる優しい方です。

ソファーに座ってもらおうとすると、そこにいたご主人が「ちょっとこっちで一緒に見よう」と、奥さまに1冊の雑誌を差し出しました。

それは紅葉特集の旅行雑誌。
「妻は紅葉が大好きなんだ」「こうして写真を眺めていると、昔一緒に紅葉を見に行った思い出を語ってくれるんだよ」と、ご主人は非常に嬉しそう。
奥さまも「ここは行ったことがあるね」など、言葉数は少なくとも幸せそうです。

奥さまは認知症のために記憶が曖昧なのですが、美しい思い出はいつまでも消えないものなのだなと感心させられました。

この記事をシェアする

著者:藤木 なみき

著者の画像

著者:藤木 なみき

著者の画像

介護福祉士、福祉住環境コーディネーター2級、認知症介護実践者研修修了、介護予防運動指導員、ビューティータッチセラピスト
2003年より出産・育児をしながら介護職員として働く。訪問介護、デイサービス、デイケア、グループホーム、特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅など、これまで多数の居宅サービス、施設サービスを経験。現在はホームヘルパーとして働きながら、さまざまな職場での実体験をもとに介護関連のイラストや漫画を作成する。

ハートページナビは、介護保険・介護サービス事業者情報誌「ハートページ」のWebサイトです。
ハートページ誌は、全国約70市区・約100万部を発行する業界最大級の介護情報誌。20年を超える歴史(2001年創刊)、カバーするエリアの広さ、発行部数、各自治体や連絡協議会と連携し制作された信頼性の高さで、介護に関わるみなさまより高い評価を得ています。
ハートページナビでは、介護情報を専門に扱うサイトとして、介護に関わる皆さまに必要な情報、役立つ情報などを掲載しています。
介護報酬改定・介護保険制度改正の最新情報
介護求人ナビへのリンク お問い合わせへのリンク

おすすめコンテンツ

介護求人ナビへのリンク お問い合わせへのリンク