ハートページナビは介護の総合情報サイトです

1月31日は愛妻の日!心温まる高齢夫婦のエピソード【介護漫画】

1月31日は愛妻の日!心温まる高齢夫婦のエピソード【介護漫画】1月31日は愛妻の日!心温まる高齢夫婦のエピソード【介護漫画】

1月31日は何の日かご存じですか?
「生命保険の日」や正月の終わりの日である「晦日正月(みそかしょうがつ)」だけでなく、1月31日は「愛妻の日」でもあります。

ある日、訪問介護事業所にかかってきた一本の電話。男性の利用者から「自費サービスを使いたい」との問い合わせでした。
愛妻の日にぴったりの、素敵なご夫婦のエピソードです。

妻が返した夫への贈り物

介護漫画/夫婦の絆が深まった愛妻の日1

介護漫画/夫婦の絆が深まった愛妻の日2

2022年になってもう約2カ月が経ちました。年明けには、「令和4年……もう令和4年かぁ!」などという話を、訪問介護の訪問先で何度も何度もしたものです。
本当に1年ってあっという間に過ぎてしまうものなんですね。年々そのスピードが早くなっていく気がしてなりません。

さて、1月31日が「愛妻の日」であることを皆さんご存知でしょうか? 1がアルファベットのI(アイ)。31日がサイで、愛妻の日。
最近の訪問で、そんな素敵な日を連想させるような夫婦愛を感じる出来事がありました。

旦那さまはお一人暮らし。半身麻痺があり電動車椅子を利用しています。複数のヘルパーが協力してその生活を支えているのですが、ある時ご本人から事務所に電話が。

「妻にプレゼントする花を買いたいので花屋に行きたい。自費サービスを利用できないか」との申し出です。

基本、訪問介護の買い物同行サービスで行ける場所は「日常生活に必要最低限のもの」が買えるところのみ。
もしかしたら「花は生活に絶対必要」という人もいるかもしれませんが、「日常生活に必要最低限のもの」とは定義されていません。
そのため、自費での買い物同行を依頼されたというわけです。

その利用者さんは、バリアフリーな場所であればお一人で行くことができますが、近くの商店街の花屋は車椅子で通行するには障害だらけ。同行しなければ危ないような道のりです。
自費サービスを利用されてまで奥さまのためにバラを買いたい、という気持ちが伝わりました。

その奥さまは、介護施設で暮らしています。脳梗塞がきっかけで、ほぼ寝たきりの生活となってしまったからです。

後日またサービスに入らせていただいた際、施設での奥さまのご様子を聞かせていただきました。
普段あまり発語できないのに、花を手にすると笑って「ありがとう」と仰ったそう。

離れて暮らす奥さまへの心のこもったプレゼント……何て素敵な旦那さまでしょうか。
ヘルパーとして携わることができて、本当に良かったと思える出来事でした。

この記事をシェアする

漫画・コラム:藤木 なみき

著者の画像

漫画・コラム:藤木 なみき

著者の画像

介護福祉士、福祉住環境コーディネーター2級、認知症介護実践者研修修了、介護予防運動指導員、ビューティータッチセラピスト
2003年より出産・育児をしながら介護職員として働く。訪問介護、デイサービス、デイケア、グループホーム、特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅など、これまで多数の居宅サービス、施設サービスを経験。現在はホームヘルパーとして働きながら、さまざまな職場での実体験をもとに介護関連のイラストや漫画を作成する。

ハートページナビは、介護保険・介護サービス事業者情報誌「ハートページ」のWebサイトです。
ハートページ誌は、全国約70市区・約100万部を発行する業界最大級の介護情報誌。20年を超える歴史(2001年創刊)、カバーするエリアの広さ、発行部数、各自治体や連絡協議会と連携し制作された信頼性の高さで、介護に関わるみなさまより高い評価を得ています。
ハートページナビでは、介護情報を専門に扱うサイトとして、介護に関わる皆さまに必要な情報、役立つ情報などを掲載しています。
介護報酬改定・介護保険制度改正の最新情報
介護求人ナビへのリンク

おすすめコンテンツ

介護求人ナビへのリンク