ハートページナビは介護の総合情報サイトです

政府、介護の自己負担増を検討 2割・3割の対象者を拡大=日経報道

政府、介護の自己負担増を検討 2割・3割の対象者を拡大=日経報道政府、介護の自己負担増を検討 2割・3割の対象者を拡大=日経報道

日本経済新聞は25日の朝刊で、高齢化とともに給付費の膨張が加速していく見通しの介護保険制度について、厚生労働省と財務省が高齢者の自己負担を引き上げる検討に入ると報じた。

2割や3割の人(*)を増やす方向だという。現行では所得水準の上位20%を対象としているが、これを上位25%へ拡げる案を軸に検討すると伝えた。

* 2割=単身で年金収入のみの場合で280万円以上など。3割=単身で年金収入のみの場合で383万円以上など

【日経】介護利用料、高所得の高齢者は負担増へ

自己負担の引き上げは、2021年度に控える次の制度改正をめぐる最大の焦点の1つ。厳しい財政状況や現役世代・将来世代にのしかかる負担などを勘案し、財務省や経済界などが繰り返し「原則2割」とするよう訴えてきた経緯がある。

今回の案は相対的に所得が高い高齢者のみを対象とするもの。実現しても1割のまま変わらない人も多い。財務省などの主張に対しては、現場の関係者から「介護離職ゼロに逆行する」「サービスの利用控えが生じ、かえって重度化を招いてしまう」といった強い反発が出ていた。

日経はこのほか、厚生労働省と財務省が高額介護サービス費の見直しを検討すると報じた。現役並みに所得のある人(*)を細分化し、それぞれの負担上限額を現行の月4万4000円より高くする方向だという。

* 単身で年金収入のみの場合で383万円以上など

ニュース新着記事一覧

デイサービス、熱がある利用者は中止を 厚労省、感染防止へ通知

デイサービス、熱がある利用者は中止を 厚労省、感染防止へ通知

2020年2月25日NEW

記事を読む >

介護職は出勤前に体温の計測を 厚労省、感染防止へ通知 発熱なら休んで

介護職は出勤前に体温の計測を 厚労省、感染防止へ通知 発熱なら休んで

2020年2月25日NEW

記事を読む >

介護施設の人員配置、4対1を求める声も 現場革新で基準見直し検討 政府

介護施設の人員配置、4対1を求める声も 現場革新で基準見直し検討 政府

2020年2月21日

記事を読む >

ヘルパーの有効求人倍率、14.75倍に上昇 2019年 厚労省

ヘルパーの有効求人倍率、14.75倍に上昇 2019年 厚労省

2020年2月19日

記事を読む >

介護福祉士の国試義務化、5年間先送り 経過措置を延長 厚労省

介護福祉士の国試義務化、5年間先送り 経過措置を延長 厚労省

2020年2月18日

記事を読む >

宮城県、介護職の週休3日制の実現を支援 全国初の試み

宮城県、介護職の週休3日制の実現を支援 全国初の試み

2020年2月15日

記事を読む >

「通所介護の大改革は2024年が本命本丸。今から準備を」 介事連・斉藤氏

「通所介護の大改革は2024年が本命本丸。今から準備を」 介事連・斉藤氏

2020年2月13日

記事を読む >

おすすめコンテンツ

  • img_sidebar
  • img_sidebar
  • img_sidebar

介護を学ぼう!