ハートページナビは介護の総合情報サイトです

介護報酬の加算、新型コロナ対策で要件未達成でも算定可能 厚労省

介護報酬の加算、新型コロナ対策で要件未達成でも算定可能 厚労省介護報酬の加算、新型コロナ対策で要件未達成でも算定可能 厚労省

介護保険最新情報

政府が全国の学校に異例の休校要請を出すなど、社会的なインパクトが非常に大きくなっている新型コロナウイルスの流行 − 。厚生労働省は介護サービス事業所が一時的に運営基準を満たせなくなってしまう場合について、直ちに基準違反としないなど柔軟に対処するよう全国の自治体を指導している。介護報酬の加算も同様の扱いだ。【Joint編集部】

例えば「サービス提供体制強化加算」や「特定事業所加算」。厚労省はこれまでの通知で、「定期的な会議の開催を要件として求めている場合、やむを得ずそれを満たすことができなくても加算の算定は可能」とアナウンスしている。

新型コロナウイルス感染症に係る介護サービス事業所の人員基準等の臨時的な取扱いについて

あわせて、有資格者や利用者などの割合を計算する際も柔軟な扱いが可能だと説明。「これらは例示であり、その他の柔軟な扱いを妨げるものではない」と明記している。

新型コロナウイルスの影響を受けている事業所は、その詳細を指定権者などへ十分に報告する準備をしておいた方が良いかもしれない。それにより加算を普段通りに算定できる可能性が更に高まりそうだ。

厚労省はこれまでの通知で、現場の実情に応じて多職種カンファレンスを見送ったり熱がある職員を休ませたりするよう事業所に呼びかけてきた。休校に伴い一時的に職員を確保できなくなってもペナルティは適用しない、との解釈も明確にしている。

新型コロナウイルス感染症に係る介護サービス事業所の人員基準等の臨時的な取扱いについて(第3報)

介護報酬の加算をめぐっては、職員の手厚い配置や専門職の関与などを要件とする他のもの(例:看護体制加算、個別機能訓練加算など)についても、利用者の処遇に配慮しつつ柔軟な扱いができるとの認識が示されている。

ニュース新着記事一覧

要介護認定の有効期間、市町村の判断で延長可 厚労省 コロナ対応で特例拡大

要介護認定の有効期間、市町村の判断で延長可 厚労省 コロナ対応で特例拡大

2020年4月8日NEW

記事を読む >

政府、通所介護の訪問サービス提供に補助 緊急経済対策

政府、通所介護の訪問サービス提供に補助 緊急経済対策

2020年4月8日NEW

記事を読む >

初の緊急事態宣言 介護現場はどうなる?

初の緊急事態宣言 介護現場はどうなる?

2020年4月7日NEW

記事を読む >

中小企業の資金繰り支援策、コロナ禍で全介護サービスが対象に 1日から

中小企業の資金繰り支援策、コロナ禍で全介護サービスが対象に 1日から

2020年4月1日

記事を読む >

介護事業所の勤務表、全国共通様式を今年度中に策定 厚労省方針

介護事業所の勤務表、全国共通様式を今年度中に策定 厚労省方針

2020年4月1日

記事を読む >

介護福祉士国試、合格率7割切る 合格者数はピーク時から4割減

介護福祉士国試、合格率7割切る 合格者数はピーク時から4割減

2020年3月25日

記事を読む >

介護現場へのマスク配布、全サービスが対象 国が直送 利用者と職員に1人1枚

介護現場へのマスク配布、全サービスが対象 国が直送 利用者と職員に1人1枚

2020年3月19日

記事を読む >

おすすめコンテンツ

  • img_sidebar
  • img_sidebar
  • img_sidebar

介護を学ぼう!