ハートページナビは介護の総合情報サイトです

後期高齢者医療、保険料が大幅増 平均で月6397円に 厚労省

後期高齢者医療、保険料が大幅増 平均で月6397円に 厚労省後期高齢者医療、保険料が大幅増 平均で月6397円に 厚労省

厚労省

75歳以上の人が加入する後期高齢者医療制度の保険料について、厚生労働省は2020年度と2021年度の見込み額を公表した。【北村俊輔】

それによると、1人あたりの保険料は全国平均で月額6397円。2018・19年度から439円(7.4%)アップの大幅増となり、初めて6000円を超えた。年間の平均額は7万6764円で、同5272円増えている。

後期高齢者医療制度の令和2・3年度の保険料率について

後期高齢者医療制度の保険料は、2年に1度のサイクルで都道府県ごとに見直されるもの。

今回の大幅増は、低所得者向けの特例的な軽減措置が縮小されることが主な要因。1人あたりの医療費が伸びたことなども影響している。

保険料を都道府県ごとにみると、平均額が最も高いのは東京都の8421円(156円・1.9%増)。最も低いのは秋田県の3944円(459円・13.2%増)で、その差は4477円となっている。

ニュース新着記事一覧

厚労省、障害福祉の就労継続支援事業所に最大50万円を支給 再起を支援

厚労省、障害福祉の就労継続支援事業所に最大50万円を支給 再起を支援

2020年5月29日NEW

記事を読む >

現場復帰する介護職への準備金、大幅拡充 厚労省 全国一律で最大40万円

現場復帰する介護職への準備金、大幅拡充 厚労省 全国一律で最大40万円

2020年5月28日NEW

記事を読む >

介護・福祉職員への給付金、全サービスの全職種が対象 厚労省方針

介護・福祉職員への給付金、全サービスの全職種が対象 厚労省方針

2020年5月27日

記事を読む >

介護職員への給付金、感染者がいなければ5万円 いれば20万円 厚労省案

介護職員への給付金、感染者がいなければ5万円 いれば20万円 厚労省案

2020年5月26日

記事を読む >

医療・介護職に最大20万円の慰労金を支給 首相が正式表明

医療・介護職に最大20万円の慰労金を支給 首相が正式表明

2020年5月25日

記事を読む >

介護の利用控え、心身機能低下が深刻 専門家「宣言解除後の重点課題」

介護の利用控え、心身機能低下が深刻 専門家「宣言解除後の重点課題」

2020年5月25日

記事を読む >

介護・福祉関連法案を可決 衆院厚労委 分野横断的な相談支援を展開へ

介護・福祉関連法案を可決 衆院厚労委 分野横断的な相談支援を展開へ

2020年5月24日

記事を読む >

おすすめコンテンツ

  • img_sidebar
  • img_sidebar
  • img_sidebar
  • 看護職・介護職の派遣紹介 メディカルキュービック

介護を学ぼう!