ハートページナビは介護の総合情報サイトです

介護職の特定処遇改善加算、取得率56%に留まる 障害福祉は4割届かず

介護職の特定処遇改善加算、取得率56%に留まる 障害福祉は4割届かず介護職の特定処遇改善加算、取得率56%に留まる 障害福祉は4割届かず

介護・福祉職員の賃上げに向けて昨年10月に創設された特定処遇改善加算について、導入当初の取得率が22日に分かった。【青木太志】

介護報酬の特定処遇改善加算を算定した施設・事業所が全体に占める割合は、昨年10月が53.8%、11月が56.4%。9割を超えている既存の処遇改善加算と比べ大幅に低くなっている。

厚生労働省が特別集計の結果を公式サイトで公表した。

介護職員等特定処遇改善加算の請求状況

福祉・介護職員等特定処遇改善加算の請求状況

障害福祉サービス報酬の特定処遇改善加算の取得率は、今年1月分まで明らかにされた。介護分野より更に低く、昨年10月が33.1%、11月が35.8%、12月が37.5%、今年1月が38.5%。全体の4割にも届いておらず、職員の賃上げがうまく進んでいない実態が浮き彫りになっている。

こうした現状を踏まえ、加藤勝信厚労相は22日の衆院・厚労委員会で、「今後、取得率の向上を図らなければいけない」と説明。「事業所に対する加算取得の支援を行っていく」との意向を示した。

これに対し野党議員からは、「制度設計に問題がある」との批判が噴出。ルールの複雑さや事務作業の煩雑さなどを問題視する声があがった。

介護職員らの特定処遇改善加算は、深刻な人手不足の解消に向けた厚労省の施策の柱。勤続10年以上の介護福祉士など、現場を牽引するリーダー級の職員の賃金を優先的に引き上げる点が特徴だ。月8万円の賃上げとなる人、あるいは賃上げ後に年収が440万円を超える人を1人以上設定しないといけない、といった要件が定められている。

ニュース新着記事一覧

厚労省、障害福祉の就労継続支援事業所に最大50万円を支給 再起を支援

厚労省、障害福祉の就労継続支援事業所に最大50万円を支給 再起を支援

2020年5月29日NEW

記事を読む >

現場復帰する介護職への準備金、大幅拡充 厚労省 全国一律で最大40万円

現場復帰する介護職への準備金、大幅拡充 厚労省 全国一律で最大40万円

2020年5月28日NEW

記事を読む >

介護・福祉職員への給付金、全サービスの全職種が対象 厚労省方針

介護・福祉職員への給付金、全サービスの全職種が対象 厚労省方針

2020年5月27日

記事を読む >

介護職員への給付金、感染者がいなければ5万円 いれば20万円 厚労省案

介護職員への給付金、感染者がいなければ5万円 いれば20万円 厚労省案

2020年5月26日

記事を読む >

医療・介護職に最大20万円の慰労金を支給 首相が正式表明

医療・介護職に最大20万円の慰労金を支給 首相が正式表明

2020年5月25日

記事を読む >

介護の利用控え、心身機能低下が深刻 専門家「宣言解除後の重点課題」

介護の利用控え、心身機能低下が深刻 専門家「宣言解除後の重点課題」

2020年5月25日

記事を読む >

介護・福祉関連法案を可決 衆院厚労委 分野横断的な相談支援を展開へ

介護・福祉関連法案を可決 衆院厚労委 分野横断的な相談支援を展開へ

2020年5月24日

記事を読む >

おすすめコンテンツ

  • img_sidebar
  • img_sidebar
  • img_sidebar
  • 看護職・介護職の派遣紹介 メディカルキュービック

介護を学ぼう!