ハートページナビは介護の総合情報サイトです

ヘルパー仰天!コロナ禍で病院に行きたくない高齢者が湿布の代わりにしたあるモノ【介護漫画】

ヘルパー仰天!コロナ禍で病院に行きたくない高齢者が湿布の代わりにしたあるモノ【介護漫画】ヘルパー仰天!コロナ禍で病院に行きたくない高齢者が湿布の代わりにしたあるモノ【介護漫画】

「病院には新型コロナに感染した人がいるかもしれない」。そう不安に思い、腰痛持ちなのに病院に行かない高齢者の高木さん。シップもなくなり心配するヘルパーですが、高木さんは意外に元気そう。
元気のヒミツは自然に生えているアレだった!?

感染が怖くて病院に行けない!でも意外と元気?

介護漫画/新型コロナで通院できない高齢者1

介護漫画/新型コロナで通院できない高齢者2

新型コロナウイルスの影響で、怖くて病院に行けないという高齢者が増えています。もともと高齢者は加齢とともに減退する視力や聴力、内臓機能、残存機能を維持、またはそれを治療するために数々の病院に通っています。
ですが「病院イコール新型コロナウイルス患者がいるかもしれない場所」という先入観から、本当はカラダがしんどくて困っているのに、病院に行くのを敬遠しているんです。

高木さんは高齢で腰痛があります。腰痛をかばうせいで膝にも痛みがありますし、なんだか背中や肩にもコリがあると、緊急事態宣言前までは接骨院と大きな病院の整形外科の両方に通っていました。
接骨院には週2回ほど腰に電気をあてに行って、なくなったらシップももらう。大きな病院へは定期検診に行っていました。
しかし今回の新型コロナウイルス感染拡大による、高齢者の重症化のリスク、さらに死亡された方の存在などを知った高木さんは、怖くて病院にも接骨院へも行けなくなりました。

徒歩での通院もリハビリになると言っていた高木さん。こもりがちな生活になるのではと心配していましたが、ヘルプに入るたび観察しても特に変化はありません。
買い物の回数を増やしたのかな?いや、スーパーも怖いといっていたしなぁと思い直接聞いてみることに。

すると、「公園や近所の山の端まで行ってよもぎを採ってるよ」と意気揚々と教えてくれました。よもぎ?お餅に入っているよもぎしか知らない私がキョトンとしていると、「ホレ、これだよ」とシャツをめくって腰を見せてくれました。見ると腰に巻かれた緑の葉っぱが。

「買うよりこっちのほうが効くのよ!あなたも肩こりにどう?」。高木さんはコロナ渦でも楽しみを見つけて腰痛対策までやってのけていたのです。ちょっとビックリしましたが、そのたくましさに拍手を送りたい気持ちでした。

この記事をシェアする

漫画・コラム:藤木 なみき

著者の画像

漫画・コラム:藤木 なみき

著者の画像

介護福祉士、福祉住環境コーディネーター2級、認知症介護実践者研修修了、介護予防運動指導員、ビューティータッチセラピスト
2003年より出産・育児をしながら介護職員として働く。訪問介護、デイサービス、デイケア、グループホーム、特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅など、これまで多数の居宅サービス、施設サービスを経験。現在はホームヘルパーとして働きながら、さまざまな職場での実体験をもとに介護関連のイラストや漫画を作成する。

介護報酬改定・介護保険制度改正の最新情報
介護求人ナビへのリンク お問い合わせへのリンク

おすすめコンテンツ

介護求人ナビへのリンク お問い合わせへのリンク