ハートページナビは介護の総合情報サイトです

夜勤で困った出来事とは?介護士がヤキモキした夜中に起きだす患者さん【漫画】

夜勤で困った出来事とは?介護士がヤキモキした夜中に起きだす患者さん【漫画】夜勤で困った出来事とは?介護士がヤキモキした夜中に起きだす患者さん【漫画】

介護職の夜勤ではいろんな出来事が起こります。そのひとつが患者さんのちょっとだけ困った行動。
夜中は患者さんにゆっくり寝てほしいところなのですが……。

介護士の願いは「患者さんに寝てほしい」

介護職が夜勤で困った患者さん1/介護士漫画

介護職が夜勤で困った患者さん2/介護士漫画

夜勤は日中と比べてルーチン業務が少なく、睡魔との闘いです。
そんな夜勤の最中に介護職が困ってしまうのは、やっぱり寝てくれない患者さんでしょうか。

睡眠不足や昼夜逆転の生活によって、患者さんの精神症状が悪化してしまうこともあります。
なので昼間は離床を促し、夜間は睡眠剤でリズムを取り戻してもらうなどの工夫が必要です。

それでも夜になると元気になってしまう患者さんたち。もしかしたら頭は冴えているのかもしれませんが、体がフラフラなこともあるので目が離せません。

「私は看護長だから」と巡視のたびについてきてくれる患者さん、大きな窓を鏡代わりにダンスの練習に励む患者さん……などなど。

誰でも眠れない日はあるものですが、夜間は静かに過ごしていただかないと他の患者さんに影響が出てしまうので困ってしまうんです。

夜になると人恋しくなるのか、目が覚めるとホールに集まってくる患者さんも。そんなときは30分ほどお話をするようにしています。
会話をすると患者さんは気がすむのでしょう。「おやすみ」とお部屋に戻っていただけて、私の眠気もさめるので一石二鳥です(笑)。

できるだけ寝ていただけると、介護職の夜勤中の心配事も減るので助かるのですが……。何十人もいる患者さん全員が朝まで熟睡するのは無理かもしれませんね。
でもちょっと困る反面、予想外の行動に癒されてしまうことも実は多いのです。

この記事をシェアする

漫画・コラム:きやゆか

著者の画像

漫画・コラム:きやゆか

著者の画像

介護福祉士
精神科病院に勤務する介護士。看護補助として働く。自己研鑽の院内研修を終了し、その後介護福祉士を取得。勤続10年を迎えてベテラン域に入り、責任のある立場に押し上げられ新人指導にもあたるが苦戦する毎日。家では夫と2人の息子、犬の世話に追われ、合間にイラストや漫画を作成する毎日を送る。

ハートページナビは、介護保険・介護サービス事業者情報誌「ハートページ」のWebサイトです。
ハートページ誌は、全国約70市区・約100万部を発行する業界最大級の介護情報誌。20年を超える歴史(2001年創刊)、カバーするエリアの広さ、発行部数、各自治体や連絡協議会と連携し制作された信頼性の高さで、介護に関わるみなさまより高い評価を得ています。
ハートページナビでは、介護情報を専門に扱うサイトとして、介護に関わる皆さまに必要な情報、役立つ情報などを掲載しています。
介護報酬改定・介護保険制度改正の最新情報
介護求人ナビへのリンク お問い合わせへのリンク

おすすめコンテンツ

介護求人ナビへのリンク お問い合わせへのリンク