ハートページナビは介護の総合情報サイトです

エアコン使って!ヘルパーが焦った高齢者の猛暑の克服法【介護漫画】

エアコン使って!ヘルパーが焦った高齢者の猛暑の克服法【介護漫画】エアコン使って!ヘルパーが焦った高齢者の猛暑の克服法【介護漫画】

真夏の暑さは年齢を問わず堪えるものですが、高齢者であればなおさらです。
エアコンを使用して熱中症を防いでほしくても、エアコン嫌い・つけないお年寄りが多く、ヘルパーも頭を悩ませます。
そんな猛暑のある日、訪問介護で利用者さん宅を訪れると……。

「あれ…返事がない!?」

介護漫画/エアコンをつけない高齢者1

介護漫画/介護漫画/エアコンをつけない高齢者2

毎日暑い日が続きますね。この季節、若い方でも熱中症に似た症状が日常的に現れることがあると言いますから、壮年・もしくは高齢の方々はもっと注意が必要です。
猛暑への対策を早めに立てておくことをお勧めします。

私たち訪問ヘルパーも暑さ対策をしてから訪問に臨みます。
水分はもちろん、日傘、帽子、アームカバーに日焼け止め。着ているシャツにはクールダウン効果のあるミストをスプレーします。首にはネッククーラーやネックファン(首掛け扇風機)を掛けていざ出陣。

しかしそんな暑さの中でも、エアコンをつけずに日中を過ごす高齢者が多いという現状があります。
皆さん昔からエアコンをつける習慣がありませんから「扇風機1つで十分!」「夏は汗をかくもの!」とこだわって、家にエアコンがついていてもスイッチを入れてくれないのです。

なので真夏の訪問介護では、「昼夜問わず暑いときはエアコンつけてくださいね」と利用者さんに毎回お伝えしています。

うちの事務所から訪問しているお一人暮らしの男性。梅雨明けしてからというもの、家ではランニングシャツとハーフパンツ姿で毎日過ごしているようです。
手にはうちわ、エアコンはつけていません。

大きな既往歴がなくても熱中症にはかかるもの。ですが日常生活が自立している方なので、ヘルパーもつい安心してしまいがち。

暑いときはエアコンをつけるよう声掛けしても「もったいない」が口癖で、なかなか受け入れてくださいません。

そんなある日、その利用者さんのお宅を訪問しようと玄関ベルを鳴らしたところ、しばらくたっても出てきません。
もしやと心配になって急いで事務所に連絡。固定電話を鳴らしてみるよう頼むと、数分後にやっと利用者さんが出てこられました。

「水風呂に入っていて、訪問の時間を忘れていた」とのこと。「夜になったら追い炊きして風呂として再利用する」と嬉しそうに話していました。
無事でなによりですが、エアコンをつけるよう口酸っぱく声掛けしてから帰りました。

熱中症には明確な自覚症状がないこともあるので予防が第一。
室温調節だけでなくトイレを気にせず水分を摂ること。寝ている間にも汗をかくので、就寝前にも水分を摂取するよう、利用者さんたちには常に注意を促しています。

この記事をシェアする

漫画・コラム:藤木 なみき

著者の画像

漫画・コラム:藤木 なみき

著者の画像

介護福祉士、福祉住環境コーディネーター2級、認知症介護実践者研修修了、介護予防運動指導員、ビューティータッチセラピスト
2003年より出産・育児をしながら介護職員として働く。訪問介護、デイサービス、デイケア、グループホーム、特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅など、これまで多数の居宅サービス、施設サービスを経験。現在はホームヘルパーとして働きながら、さまざまな職場での実体験をもとに介護関連のイラストや漫画を作成する。

ハートページナビは、介護保険・介護サービス事業者情報誌「ハートページ」のWebサイトです。
ハートページ誌は、全国約70市区・約100万部を発行する業界最大級の介護情報誌。20年を超える歴史(2001年創刊)、カバーするエリアの広さ、発行部数、各自治体や連絡協議会と連携し制作された信頼性の高さで、介護に関わるみなさまより高い評価を得ています。
ハートページナビでは、介護情報を専門に扱うサイトとして、介護に関わる皆さまに必要な情報、役立つ情報などを掲載しています。
介護報酬改定・介護保険制度改正の最新情報
介護求人ナビへのリンク お問い合わせへのリンク

おすすめコンテンツ

介護求人ナビへのリンク お問い合わせへのリンク