ハートページナビは介護の総合情報サイトです

夜間対応型訪問介護とは?サービス内容や日割り料金を総まとめ

夜間対応型訪問介護とは?サービス内容や日割り料金を総まとめ夜間対応型訪問介護とは?サービス内容や日割り料金を総まとめ

在宅向けの介護サービスのひとつ、「夜間対応型訪問介護」。介護が必要となっても、住み慣れた地域や住み慣れた家で暮らしたいと願う高齢者は少なくありません。しかし、一人暮らしや老老介護、家族の介護疲れなど、自宅での生活は課題が多いのも事実です。特に、夜の時間帯に対する不安は大きいものでしょう。
そんな要介護者の夜間の生活を支えるサービスが、夜間対応型訪問介護です。夜間対応型訪問介護とはどのようなサービスなのか、料金、利用のメリットなどをわかりやすく解説します。

夜間対応型訪問介護のサービス内容とは?

hatonC

夜間対応型訪問介護は、不安な夜に対応してくれる介護サービスだっポ。

夜間対応型訪問介護とは、昼間の訪問介護サービスと同じように、夜間帯の要介護者の在宅生活を支えるための介護サービス。介護に関する夜間の不安を和らげたり、家族の介護の負担を軽減することが可能です。

なお、夜間サービスの「夜間」とは最低限夜22時から朝6時までを含みます。実際のサービス提供時間は各事業所に委ねられており、事業所によって異なるため確認が必要です。
昼間の介護サービスと併用し、夜間対応型訪問介護サービスを利用することで24時間体制での見守り介護、在宅介護が可能となります。

夜間対応型訪問介護で提供されるサービスは大きく分けて、以下の3つです。

定期巡回サービス
決まった時間に巡回する訪問介護サービスです。1回の訪問は30分程度となり、排泄介護や寝返り介助、さらにバイタルチェックや安否確認など、利用者のさまざまなニーズに対応します。
定時の巡回訪問サービスを利用する場合は、あらかじめケアプランの週間サービス計画表に夜間対応型訪問介護を組み込むことが必要です。

随時訪問サービス
利用者からの通報で夜間訪問が必要になった場合に、介護スタッフ等が訪問するサービスです。
転倒して自力で起き上がれないときや体調不良の訴えなどに対応します。一人暮らしの高齢者はもちろん、離れて暮らす家族も安心の通報システムです。
設定されている夜間の時間内なら何度でも利用可能ですが、「1回につきいくら」というように、その都度料金がかかります。

オペレーションサービス
ケアコール端末を持つ利用者からの通報を受けて、オペレーターが対応するオペレーションサービスです。
必要に応じて自宅に介護スタッフを向かわせたり(随時訪問サービス)、主治医に指示を仰いだり、緊急時は救急車の要請をしたりします。オペレーションセンターに配置されるのは、看護師や介護福祉士、医師や保健師などの有資格者なので安心です。
また、利用者の訴えに対しどう対処すべきかなどを提案したり、話を傾聴し利用者の不安な気持ちを受け止めたりすることもあります。

sobo_egao

通報できるシステムもあるのね! それなら一人暮らしの高齢者も心強いわね。

夜間対応型訪問介護のメリットは大きく2つ

hatonA

どんな人が利用するといいのかな? 要介護度が重いと特に夜間が心配だっポ……。

夜間対応型訪問介護サービスに向いている人は、一人暮らしの高齢者や高齢者夫婦のみの世帯などです。家族が離れて暮らす場合、家族にとっても安心です。
また、夜間のおむつ交換といった介護負担が大きい同居家族も利用を検討するとよいでしょう。

夜間対応型訪問介護のメリットは主に2つあります。

夜間でも緊急時に通報できる
夜間、何かあったときには通報することが可能です。一人暮らしの要介護者にとって、昼間に比べて人の目が届きづらい夜間は、不安を抱える時間帯となります。本人はもちろん、離れている家族も「夜、何かあったらどうしよう」と心配しているケースが少なくありません。

さらに、老老介護をしている家庭では、介護中に2人で一緒に転倒してしまったり、何かあったときにどうすべきか介護者が判断できなかったりという不安もあるものです。近くに頼れる人がいないケースでは、助けを求めることすらできない状況も十分に考えられます。
困ったときや緊急時にいつでも通報できるオペレーションシステムのある夜間対応型訪問介護なら、「夜間であっても誰かに相談できる」という安心感が持てます。ケアコール端末は要介護者にはもちろんのこと、介護者にも「心のお守り」となるはずです。

家族の介護負担を軽減
要介護者と同じように、介護をする家族にも生活があります。介護者が日中仕事をしていたり、子育てをしていたりするケースも少なくありません。
忙しい生活の中でおこなう夜間の排泄介護や寝返り介助などは、想像以上に介護者の介護疲れを引き起こします。夜間の訪問介護サービスを利用すれば、要介護者だけでなく介護者も心身が安定した介護生活を送ることができるのです。

sobo_egao

確かに夜間に家族が介護をすると思ったら大変よね……。家族を睡眠不足にさせないためにも、選択肢に入れたいサービスね。

夜間対応型訪問介護にはデメリットも

hatonF

ただし、メリットばかりに注目して夜間対応型訪問介護の利用を決めるのはおすすめできないよ。デメリットにも目を向けるっポ。

利用者や家族の安心を得られる夜間対応型訪問介護ですが、利用する際には注意すべきデメリットもあります。

利用料金が高額になる心配がある
夜間対応型訪問介護は、「基本料金+訪問回数ごとに利用した料金」によって月々の利用料金が決まる仕組みです。そのため、月に何度もヘルパーに来てもらうと、その分の料金が加算されて請求額が予定より高くなってしまうことがあります。
支給限度基準額を上回ってしまう恐れもあるので、計画的に利用することが大切です。

昼間に利用すると割高になる
夜間対応型訪問介護はその名の通り、夜間の利用を想定したサービスです。そのため、18時から翌朝8時以外の日中にサービスを利用すると「24時間通報対応加算」が付加され、料金が高くなってしまいます。日中にサービスを利用する際は注意が必要です。

sobo_nayami

重度の認知症の人だと利用は、難しいような気がするわね……。

hatonE

利用料金の仕組みをある程度理解していないと、心配かもしれないね。夜間対応型訪問介護は事業所数が少なくて、実はあまり普及していない介護サービスなんだ。
2016年に行われた厚生労働省の調べによると、居宅サービスを利用する人が約390万人いる中で、このサービスを利用していたのはわずか7900人程しかいなかったんだっポ。

夜間対応型訪問介護を利用できる条件は?

hatonG

どんな人が夜間対応型訪問介護を利用できるのかな?

まず、サービスの利用を希望する対象者が要介護認定で要介護1以上と認定されていることが、第一の利用条件です。そのため、要支援や自立の人はサービスを利用できません。
つぎに、利用する夜間対応型訪問介護サービス事業所は、利用者が住む地域と同じエリアにあることが必要です。

夜間対応型訪問介護は「地域密着型サービス」です。地域密着型サービスは、たとえばA町に住んでいる人であればA町内で利用できるサービスとなるため、B町に住んでいる人ならB町でサービスを受けなければなりません。
地域密着型サービスとは、要介護認定を受けている高齢者が住み慣れた場所で生活をしていくためにある、より地域に根差したサービスのことです。

夜間対応型訪問介護サービスを受けられないケース
自宅への夜間訪問が原則となるので、グループホームや有料老人ホームなどの施設に入居している人や、(看護)小規模多機能型居宅介護、ショートステイを利用中の人は対象外となります。
詳しくは、地域包括支援センターや担当ケアマネジャーに相談してみましょう。

夜間対応型訪問介護の費用はいくら?

hatonF

夜間対応型訪問介護は夜中でも安心できるサービスだから、利用を検討したい人もきっと多いっポ。気になる料金設定はどうなっているのかな?

夜間対応型訪問介護は、各事業所のオペレーションセンターの有無で利用料が異なります。
利用者が少なく、訪問スタッフだけで利用者の要請に対応できると判断される事業所では、オペレーションセンターの設置義務はありません。ただし、原則として定期巡回サービスをおこなう訪問スタッフが、利用者の通報に対応可能である場合に限られます。

オペレーションセンターあり料金
夜間対応型訪問介護オペレーションセンターあり料金表
*1単位10円、1割負担の場合で計算。地域や負担割合により金額は異なります。(2019年10月更新)

オペレーションセンターを設置する事業者を利用した場合、月額基本料金に、定期巡回サービスの回数や利用者からの要請による随時訪問サービス費が加算されます。

たとえば1カ月の間に定期巡回サービスを4回、随時訪問サービスを1回利用した場合の料金は以下になります(1単位10円、1割負担の場合)。

月額基本料金 1,013円
定期巡回サービス 1,516円(379円×4回)
随時訪問サービス(スタッフ1人の場合) 578円(578円×1回)
1カ月の合計費用 3,107円

一方、オペレーションセンターを設置しない事業所を利用する場合は、1カ月の定額料金となります。月額料金となるため、他の夜間訪問サービスを利用することはできません。

オペレーションセンターなし
夜間対応型訪問介護オペレーションセンターなし料金表
*1単位10円、1割負担の場合で計算。地域や負担割合により金額は異なります。(2019年10月更新)

また、夜間対応型訪問介護では、事業所のオペレーションセンターの有無に関わらず、利用者が通報する際に必要なケアコール端末の配布をするものとされています。
なお、ケアコール端末の貸与に関する利用者の費用負担はなく、設置工事も電話回線さえあれば無料です。

sobo_egao

同じ地域の事業所しか利用できないなら、あまり選べないかもしれないわ……。利用するときには、どんな事業所があるのか調べて料金を確認してみるのがよさそうね。

月の途中で契約した場合の利用料金

つぎに、月の途中で夜間対応型訪問介護の契約をしたときの料金についてです。
基本的にサービスの月額利用料は日割り計算となるため、上記の基本料金を規定の30.4日で割り、1日の利用料を計算します。

1日あたりの料金(オペレーションセンターあり・なし)
夜間対応型訪問介護1日あたりの料金オペレーションセンターあり・なし料金表
*1単位10円、1割負担の場合で計算。地域や負担割合により金額は異なります。(2019年10月更新)

月の途中からサービスを利用した場合には、上記の日割り料金に利用した日数をかけた金額となります。月額料金を1カ月分支払うわけでないので、安心していつでもサービスをスタートすることが可能です。

hatonE

これらの料金は、事業所の所在地やサービス提供体制なんかどによって異なるよ。それに、所得によっては自己負担率が2~3割になるから注意するっポ。

夜間対応型訪問介護を利用する流れ

sobo_nayami

夜間対応型訪問介護を利用したいと思ったら、どんな手順が必要なのかしら?

(1)要介護認定を受ける
要介護認定を受けていない人は、市町村の介護保険担当窓口に要介護認定の申請をおこないましょう。認定調査後、要介護1以上と認定されれば、夜間対応型訪問介護を利用することができます。

(2)ケアプランの作成
要介護に認定されると、担当ケアマネジャーがケアプラン(介護サービスの計画書)の作成や、必要な介護サービスを検討します。そのときに、夜間の介護サービスを利用したい旨を伝えましょう。
ケアマネジャーは利用者の状況を把握したうえで、適切なサービスや訪問回数、訪問時間などをケアプランに反映します。

(3)サービス事業所と契約
利用者やその家族が納得するケアプランが完成したら、夜間訪問介護事業者と契約を結び、サービス開始となります。

(4)サービス利用スタート
サービスがはじまると、必要に応じて夜間にスタッフが自宅を訪問します。特に深夜であれば利用者や家族は鍵を閉めて就寝中のことも多いでしょう。そんなときにはスタッフが来るたびに鍵を開けて招き入れなければならないのでしょうか。

その場合は、キーボックスを貸し出すこともあります。キーボックスとは、中に鍵を入れて暗証番号で管理するもので、これがあればスタッフは必要なときには自由に出入りができるため、家族を起こすこともありません。
事業所が鍵を預かるケースもあるので、詳しくは利用する事業所に問い合わせてください。

まとめ

hatonC

夜間利用できるサービスは、夜間対応型訪問介護のほかにも、定期巡回・随時対応型訪問看護があるよ。
夜間サービスの利用を希望するなら、必要なサービス内容や料金を確認して、どのサービスが適しているかを担当ケアマネジャーに相談して検討するっポ。

 *自治体や事業所により、ここで説明した内容と異なる場合があります。詳細に関しては、必ず各自治体・事業所にお問い合わせください。

介護ライター
著者:mami

介護福祉士、社会福祉主事を取得後、特別養護老人ホームで5年間、生活相談員としてデイサービスに4年間勤務。働きながら、介護専門相談員の資格を得る。現在は育児をしつつ、福祉に関わる記事を執筆中。

はーとん教室ピックアップ記事

居宅介護支援(ケアマネジメント)とは?わかりやすく解説

居宅介護支援(ケアマネジメント)とは?わかりやすく解説

記事を読む >

ショートステイとは?サービス内容や費用を徹底解説

ショートステイとは?サービス内容や費用を徹底解説

記事を読む >

訪問介護とは?介護保険でできること・できないこと

訪問介護とは?介護保険でできること・できないこと

記事を読む >

デイサービスとは?料金や特徴をわかりやすく解説

デイサービスとは?料金や特徴をわかりやすく解説

記事を読む >

訪問リハビリテーションとは?サービス内容や料金を徹底解説

訪問リハビリテーションとは?サービス内容や料金を徹底解説

記事を読む >

デイケア(通所リハビリテーション)とは?メリットや料金を解説

デイケア(通所リハビリテーション)とは?メリットや料金を解説

記事を読む >

訪問入浴介護サービスとは?知っておきたい料金・利用の流れ

訪問入浴介護サービスとは?知っておきたい料金・利用の流れ

記事を読む >

小規模多機能型居宅介護とは?3つのサービス内容と料金のしくみ

小規模多機能型居宅介護とは?3つのサービス内容と料金のしくみ

記事を読む >

介護保険でレンタルできる!福祉用具貸与とは?

介護保険でレンタルできる!福祉用具貸与とは?

記事を読む >

介護保険が利用できる!特定福祉用具販売とは?

介護保険が利用できる!特定福祉用具販売とは?

記事を読む >

定期巡回・随時対応型訪問介護看護とは?わかりやすく解説

定期巡回・随時対応型訪問介護看護とは?わかりやすく解説

記事を読む >

介護保険で介護リフォーム?上限20万円の住宅改修とは

介護保険で介護リフォーム?上限20万円の住宅改修とは

記事を読む >

居宅療養管理指導を利用する3つのメリットとは?料金もまとめて解説

居宅療養管理指導を利用する3つのメリットとは?料金もまとめて解説

記事を読む >

介護を学ぼう!

おすすめコンテンツ

  • img_sidebar
  • img_sidebar
  • img_sidebar